散らかる部屋を卒業したい!スッキリ暮らす3つのポイントとは?

1LDKの赤ちゃんスペース2

「あれ?こないだ片付けたばかりなのに、また散らかっている…」

部屋をスッキリさせても、すぐにまた散らかってしまう、片付けのリバウンドをしていませんか?

リバウンドを繰り返している場合は、片付けのやり方を見直してみると、スッキリが持続しやすいです。

今回は片付けのリバウンドをしないために、わたしが実践している3つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

リバウンドせずに、スッキリ暮らす3つのポイント

01片付ける前に、まずは捨てる

断捨離アイテム

部屋が散らかっている場合、「まずは片付けよう」って考えますよね。

これが間違いでした。

なぜなら、モノが多い状態のまま片付けをしても、またすぐに散らかってしまうからです。

まずは根本的な問題となっている「モノの多さ」に向き合わなければいけません。

「散らかる→片付ける」の繰り返しにならないためにも、まずは「不要なもの」を捨てる
ここから始めることが大切です。

021度で満足せず、繰り返し、捨てる

ダンボールに詰めてバブーに送るだけ

「不要なものはもう捨てたから」と、1度で満足してはいけません。
またしばらく日を置いて、残ったモノたちを見てみてください。

すると、「なんでまだ取っておいたんだろう?」というものが出てくるはずです。

私は引越し前に不用品を全部捨てたはずなのに、新居で「なんでまだ持っているんだろう?」というアイテムに数々出会いました。

「手放す」ということを何度も繰り返していくことで、本当に必要なアイテムだけが家の中に残るようになります。

03収納に余白を持たせる

ズボンの収納もできる

モノを手放すことができた後は、ようやく片付け(収納)にとりかかります。

収納のポイントは、余白を持たせること!
片付け本には、2〜3割の余白を持たせておくことを推奨していることが多いです。

この余白こそが、片付けのリバウンドを防いでくれます。

収納に余白を持たせるメリットは?
・取り出しやすく、片付けもしやすい
・出し入れが簡単になり、片付けを億劫に感じにくい(モノを出しっ放しにすることが減る)
・収納されているモノを見つけやすい(モノを管理しやすい)

収納ケースやクローゼットは、7、8割の収納を目安にしてみてくださいね。

まずは「捨てる」ことからはじめよう

散らかった部屋の片付けばかりに追われていた私が、少しずつスッキリ暮らせるようになった理由を探してみたところ、上記の3つのポイントがあることがわかりました。

まずは片付けの前に、「捨てる」ことからはじめてみる。
そうすると、リバウンドばかりしていた片付けから解放される日も近いです。

宅配買取の体験談レポートをみる

スポンサーリンク

記事をシェアする

散らかる部屋を卒業したい!スッキリ暮らす3つのポイントとは?

Total2share

1,086 views

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる