結婚したら夫婦でお金は合わせる?別々に管理する?わが家の出した結論は..

結婚したら、独身時代に貯めたお金をどうするかこれからの収入は一緒にするのかなど、お金の管理方法について悩みますよね。

いままでどのくらい貯金してきたの?

なんて単刀直入にパートナーに聞くのもなんだか気が引けますし。
お金って、結婚したては話題にしにくいテーマです。

そうはいっても、あとあとお金のことでもめないためにも、話し合っておきたい大切なこと。

わたしたち夫婦の場合は、結婚後に、お金をどのように管理するかについて話し合いをおこないました。

スポンサーリンク

お金について夫婦で話し合ったこと

結婚したら夫婦でお金は合わせる?別々に管理する?

“お金の管理”と一口に言っても、話し合うべきことが複数あります。

  1. 生活費のやりくり方法
  2. 独身時代の貯金を合算するかどうか
  3. 引き落とし口座の選定
  4. お金は誰が管理するか

共働き(ダブルインカム)の場合、どちらのお金で生活費をやりくりするのか、それともそれぞれで出し合うのかなど、働き方によっても話し合うことが変わってきそうですね。

わが家のお金の管理はどうする?

わが家も結婚したタイミングで、お金の管理方法について、上にリストアップした項目をそれぞれ話し合ってみました。

そのときに出た意見は、夫婦で異ったことを覚えています。

01生活費のやりくり方法について

わたしは、共通で使えるお金を1つの口座にまとめて、一緒に管理できるようにしたい

オレは別々で管理したい。決まった金額を毎月それぞれ支払えばいいのでは?

共通で使えるお金を作りたい妻と、別々のお財布で管理したい夫。意見が分かれました。

話し合いの結果、共通で使えるお金を1つにまとめて一緒に管理しています。夫がわたしの希望を通してくれました。

生活費のやりくりについては、細かくルールが決まっていませんが、高額なモノを買うときは話し合ってから買うようにしています。

02独身時代の貯金を合算するかどうか

別々に管理したい。勝手に引き落とされるのは嫌だ

一緒にしてもしなくてもどちらでもいい

独身時代の貯金は、それぞれのモノ。
相手の貯金を勝手に引き落とすことはできないようにしました。

「じゃあ独身時代に貯めたお金は、それぞれ自由に使うのか?」ってところですが、ここは性善説に立って線引き

  • 貯金額は互いに共有する
  • 引き落としなど権限はそれぞれが持つ

要は「自分の口座のお金は勝手に使えるけど、出費がある場合はすぐわかる」ようなかたちです。
わが家の場合、とくにふたりともこれに使いたいってものがないので、このかたちになりました。

どちらかが、生活に影響する額をつい使ってしまう場合は、また違ったやり方もあると思います。

03引き落とし口座の選定

わかりやすく、生活費用の口座を新たに作りました。
この口座は、夫も私も引き落とせるようになっています。

結婚と同時に地方へ引っ越したので、地域の銀行口座を生活用の口座にしました。

名義はどちらでもよかったので、とりあえず夫に。

04お金は誰が管理するか

お金は誰が責任を持って管理するのかあらかじめ決めておくと、後々、「貯金が全然ないっ!」ともめずに済みます。

わが家の場合は、夫婦ふたりで管理することに決めました。
ふたりで管理する場合は、情報共有が大切なので、毎月1回、口座残高の確認&お金について話し合うようにしています。
(お金の話し合いなので、いつも真剣です)

家庭によっては、奥さんが管理して旦那さんはおこづかい制、反対に旦那さんが管理して、奥さんがおこづかい制ってパターンもありますよね。

生活費にかかった費用も共有しています

わたしたち夫婦の場合は、マネーフォワードで、共通の家計簿をつけることで、毎月にかかった生活費も把握できるようになっています。

これは1つ1つ使ったお金が丸見えになるので、「そこまでわかってしまうのは嫌だ…」というかたにはおすすめできません。
ただ、夫婦で共通のお金の認識を持ちたい人にはおすすめです。

わが家の場合は、「先月は外食にお金をかけ過ぎちゃったから、今月は控えよう」「今月はちょっと余裕があるから、出かけよう」といった具合に、夫婦でお金の意識が芽生え、節約意識も高まっています。

夫婦でお金の価値観が合わないと揉めるきっかけにもなるので、結婚したタイミングの最初のうちに、色々話し合って擦り合わせておくといいですよー。

関連夫婦で使える家計簿アプリ「マネーフォワード」で、毎月の生活費がわかるようになりました

スポンサーリンク

記事をシェアする

結婚したら夫婦でお金は合わせる?別々に管理する?わが家の出した結論は..

Total2share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる