洋服をコンパクトに、キレイにたためる「こんまり流たたみ方」

こんまりさんのたたみ方はコンパクト

「できることなら、なるべく家事をしたくない。」

結婚した当初の私は、毎日、そう思っていました。
だから洗濯物を取り込んだ後は、吊り下げたままで畳まない。使うときに洗濯ばさみから外せば、たたむ手間もなくて済むと、考えていたのです。

でも、それでは部屋の中に生活感がダダ漏れ状態…。
夫からも深いため息が出るようになった頃、「こんまり流たたみ方」なるものを、知りました。

このたたみ方を知ってから、ズボラだった私が、洗濯物をたたむのが好きになれたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

こんまりって?

“こんまり”というのは、近藤麻理恵さんのことです。
近藤麻理恵さんはアメリカで「最も影響力のある100人」にも選ばれた、片付けのコンサルタントを行なっています。

こんまりさんが考えた洋服のたたみ方は、綺麗に、かつコンパクトに畳むことができ、気持ちがいいのです。

こんまり流の洗濯物のたたみ方

こんまりのたたみ方

まずは手で洋服のシワを伸ばします。

こんまりの洗濯物たたみ方

袖と身ごろを、片側ずつ折っていきます。
このときに、洋服を3分等分したイメージで、3分の2の位置に折っていくと綺麗に畳むことができます。

長袖のたたみ方

両側とも畳むと、こんな感じになります。

こんまりさんのたたみ方

その後、3つ折りするように、襟元をたたみます。

こんまりの洗濯たたみ

もう一度折りたたみます。

こんまりさんの長袖たたみ方

そして、コロンと、さらに裾側に折りたたんで、完成です。
こんなにコンパクトに折りたたむことができました。

こんまり流たたみ方は収納もしやすい

このたたみ方のさらにいいところは、洋服を立立たせることができることです。

こんまりの洋服が立つ畳む方法

このようにそれぞれの洋服が独立してくれるので、衣装ケースの中に立てて収納することができます。おかげで着る洋服を見つけるのも簡単になりました。

関連洋服の収納は「無印良品の収納ケース×こんまり流たたみ方」がベストでした

今回は長袖のたたみ方を紹介しましたが、洋服ごとにたたみ方が異なるので、さらに詳しく知りたい場合は、「毎日がときめく片づけの魔法」に書かれていますので、本屋さんで見つけたら手に取ってみてくださいね。

スポンサーリンク

記事をシェアする

洋服をコンパクトに、キレイにたためる「こんまり流たたみ方」

Total1share

関連記事

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
ウェブサイトを運営しながら仲良く自営する夫婦です。在宅ワーカーで自宅にいる時間が長いので、家で快適に過ごせるよう試行錯誤中。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる