無印良品とマキタのコードレス掃除機はどっちがいい?性能・デザインを比較してみました

無印良品のコードレス掃除機

画像引用:無印良品

2017年12月、ついに無印良品からコードレス掃除機が発売されました。ようやく出た!って感じですね。

無印良品のコードレススティッククリーナーをみる

わが家はこれまで無印良品の掃除機(コードあり)を使ってきて、「無印良品のコードレス掃除機が出たら買いたいな」と思っていました。

でも、よく主婦のかたがおすすめしているマキタの掃除機も気になる…

そこで、どちらがわが家に最適な掃除機なのか、性能とデザインを比較してみました。

スポンサーリンク

無印良品とマキタのコードレス掃除機を比較

比較する3つのコードレス掃除機

マキタは種類が多いので、手軽な価格帯が魅力の「CL107FDSHW」と吸引力が強い「CL181FDRFW」で、無印良品の掃除機(コードレススティッククリーナー)と比較してみます。

デザイン

無印良品のコードレス掃除機

これが無印良品のコードレススティッククリーナーです。気持ちがいいくらい真っ白ですね。個人的に一番好きなデザインです。

こんなに美しいデザインなら部屋にそのまま置いてもまったく違和感がなさそうです。もはやインテリア。

こちらはマキタのCL107FDSHW。
マキタのなかでシンプルな見た目をしたものになります。こちらも結構好きです。

最後はマキタのCL181FDRFW。
取っ手部分が黒いのが特徴です。私としてはちょっと主張が強めに感じるので、収納してしまっておけるスペースがある場合に良いかなと思いました。

コードレススティッククリーナー CL107FDSHW CL181FDRFW
真っ白なデザインが個人的に好き。すらりとした細身も美しい ハンディ部分も白くてなかなか良い ハンディ部分が黒いのが少し気になる

充電時間

充電時間はマキタが圧勝です。
無印良品がフル充電になるまで4時間かかるのに対して、マキタはわずか20分。

20分で充電が済むなら、朝起きて充電しても、顔を洗っていたり、身支度しているうちにフル充電になりそうですね。

稼働時間

コードレススティッククリーナー CL107FDSHW CL181FDRFW

ターボ:約18分
標準:約30分

パワフル:約10分
強:約12分
標準:約25分

強:約20分
標準:約40分

フル充電した場合の稼働時間の比較です。
マキタのCL181FDRFWがもっとも長時間稼働して40分
無印良品が30分。

ただし、充電時間ほど稼働時間はそこまで大きな差がありませんでした。

吸引力(吸い込み仕事率)

コードレススティッククリーナー CL107FDSHW CL181FDRFW

強:28W
標準:15W

パワフル:32W
強:20W
標準:5W

強:37W
標準:10W

マキタのなかでもパワフルなことで知られるマキタのCL181FDRFWがこれまたもっとも優秀な結果に

標準モードでは無印良品がもっともパワーがあることがわかりました。

価格

コードレススティッククリーナー CL107FDSHW CL181FDRFW

2万9,900円

1万3,540円
(Amazon価格)

2万4,814円
(Amazon価格)

値段がもっとも安いのはマキタのCL107FDSHW
無印良品のコードレススティッククリーナーと、マキタのCL181FDRFWは2万円オーバー…。ちょっと躊躇してしまう値段ですね。

重さ

値段と同じで掃除機の重さも、マキタのCL107FDSHWが最軽量
一番重たい無印良品と比較すると、1kg近くも差があります。

自立は可能か

コードレススティッククリーナー CL107FDSHW CL181FDRFW
別売りのスタンド(3,490円)を購入すれば可能 別売りのスタンドを購入すれば可能 別売りのスタンドを購入すれば可能

3つとも、別売りのスタンドを購入すれば、自立が可能です。

もしスタンドを購入しなくても、3つともすべて紐がついているので、吊り下げにはもとから対応しています。

関連マキタのコードレス掃除機に使える!おすすめのスタンドをまとめてご紹介します

ゴミの捨てかた

コードレススティッククリーナー CL107FDSHW CL181FDRFW
カプセル方式
(紙パック不要)
紙パック式 カプセル方式
(紙パック不要)

ゴミの捨て方は好みによってわかれそうですね。
紙パック代を節約したい場合は、カプセル方式を。ゴミをポイっとまとめて捨てたいかたは紙パック式が良さそうです。

まとめ

今までの項目をおさらいしてみると、こんな感じです。

※スマホのかたは横スクロールすると表全体がみえます

無印良品 マキタ
商品名 コードレススティッククリーナー CL107FDSHW CL181FDRFW
見た目 無印良品のコードレス掃除機
充電時間
約4時間

約22分

約22分
連続稼働時間
ターボ:約18分
標準:約30分

パワフル:約10分
強:約12分
標準:約25分

強:約20分
標準:約40分
吸引力(吸い込み仕事率)
強:28W
標準:15W

パワフル:32W
強:20W
標準:5W

強:37W
標準:10W
価格(税込)
2万9,900円

1万3,540円
(Amazon価格)

2万4,814円
(Amazon価格)
重さ
約2kg

1.1kg

1.4kg
自立は可能か 別売りのスタンド(3,490円)を購入すれば可能 別売りのスタンドを購入すれば可能 別売りのスタンドを購入すれば可能
ゴミの捨てかた カプセル方式
(紙パック不要)
紙パック式 カプセル方式
(紙パック不要)
デザイン 真っ白なシンプルデザイン。細身で美しい ハンディ部分も白くてなかなか良い ハンディ部分が黒いのが少し気になる
デザイン重視なら、無印コードレススティッククリーナー
手軽な価格の掃除機なら、マキタCL107FDSHW
パワーなど性能重視なら、マキタCL181FDRFW

という感じでしょうか。

わたしは無印良品の掃除機も捨てがたいですが、価格と充電のはやさをとってマキタのCL107FDSHWにしようかなと考えています。

いや、でもやっぱり無印も・・・(優柔不断)

ご購入はこちら

スポンサーリンク

関連記事

記事をシェアする

無印良品とマキタのコードレス掃除機はどっちがいい?性能・デザインを比較してみました

Total3share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳)の3人暮らし。在宅ワーカーで自宅にいる時間が長いので、家で快適に過ごせるよう試行錯誤中。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる