片付けると家がスッキリ。わが家が断捨離した3大贅肉アイテム

断捨離アイテム

断捨離しよう!

そう思っても何から優先して捨てていいか分からない。
いざ捨てようとしても「まだ使うかも」と捨てられない。

そんなこんなで、なかなか家ってスッキリしませんよね。

ひとつの対策として、わが家は断捨離するとき、必ず見返す3大贅肉アイテムたちを決めています。

この3種類が片付くだけでもかなりスッキリしますよ。

断捨離方法とともにご紹介します。

スポンサーリンク

わが家の断捨離 3大贅肉アイテム

わが家の断捨離で、「3大贅肉アイテム」と呼ばれるのはこれです。

  • 本・雑誌
  • 食器類・調理器具
  • 衣類

順に説明していきます。

01本・雑誌

本・書籍

ネット情報が十分にあり、電子書籍が台頭している今でも、本や雑誌は家の中でスペースを圧迫する片付けの強敵です。読みたい本がいっぱいある上に、インターネットで手軽に買えてしまうので、仕事用でも、娯楽でも色々と買ってしまいますよね。

家の本を数え直してみると、多くの方が100冊や200冊じゃ済まないことと思います。

  • 写真が綺麗なムック・雑誌
  • ベーシックアイテムを紹介するファッション雑誌
  • 役に立った参考書(料理の基本・ビジネス概論など)
  • 取りかけ資格参考書(インテリアコーディネーターなど)
  • 好きな作家が関係している小説・書籍

例えばこういった本。
どうでしょうか?
捨てずにとってありませんか?

経験上、このような本は、実は意外と読まずに家の荷物になっている場合が多いです。

02食器類・調理器具

本・食器類

食器も時間とともに使わないものが増えていく代表的なもの。

  • グラス・コップ
  • マグカップ・湯のみ
  • お皿類
  • スプーン・フォーク
  • フライパン・大きめの鍋

贈りもの・プレゼントなどで、ついつい食器棚の中に増えていくんですよね。また処分方法がよくわからない調理器具も場所をとる割に捨てられない困ったものになりがちです。

03衣類

衣類

ほぼ全ての人が対象といっても差し支えないのが衣類です。

  • イベントなどで手に入れたTシャツ
  • ベーシックアイテムだけど着ない服
  • 冬ものコート類
  • スポーツ・山登りなど特定のシーン用衣類
  • ブランドもの。特にバッグ類
  • 1年間1度も着ていない服

季節によって違う。
トレンドによって違う。
年代によって違う。

衣類のこの多様さよ。
それなのにベーシックアイテムとか、定番アイテムとか、そういうワードもあるものだから多くの人がクローゼットの中をパンパンにすることになります。

3大アイテムを断捨離するわが家の方法

本・雑誌の断捨離

書籍の断捨離は、2つのポイントをもって当たります。

  1. 本棚からはみ出した本は処分(基準を明確に)
  2. なるべく売って現金に変える(モチベーションを上げる)

テレビ台の下やクローゼットの中などに、本置き場があります。大体30〜40冊くらいは収まるので、手持ちはその中だけにします。

あとで読..みません
「あとで読むかも」と思っても、だいたいの本は読み返しません。
直近でよく読むならとっておきますが、向こう半年読まなそうなら手放します
必要なら要点だけメモしておけばいいわけですし、経験上、もう一回買うこともほとんどありません。

また片付けは誰でも面倒に思いますから、なるべく売ります。ちょっとした額でもご褒美があると思うと楽しく処分できます。

最近は便利なので、本は宅配買取

本の買取も最近は便利で、宅配買取が一般的になってきました。
わが家の場合、ビジネス参考書や専門書系の買取が高いのもあって「Vaboo(バブー)」の宅配買取をよく利用しています。

バブー

▲サイトの雰囲気がポップですが、新書のビジネス書などが良い額で売れます。

関連読まない本を宅配買取でスッキリさせたい。口コミで評判だった「バブー(Vaboo)」に査定してもらいました

ブックオフも宅配買取が有名ですよね。ちなみに後述する衣類も宅配買取を活用。他にも色々と買取サービスがありますから、うまく利用すると片付けがはかどります。

Vaboo(バブー)の詳細をみる

食器類の断捨離

食器類の断捨離は「何が不要か」わかるまでが非常に難しいです。食器類はあれば便利ですから。

逆説的ですが、意外にも断捨離がうまくいったわが家の方法はこれ。

  • 趣味に合う食器類のテイストを1つ決める
  • 欲しい食器を(多少高くても)買う
  • 趣味に合わない食器は処分する

「断捨離するのに買うの?」と思いますよね。

しかし、これで良いのです。

お金をかけてまで趣味に合ったものを揃えて、初めて人は食器類を選び、整えるモチベーションが生まれるのです。逆にいうと、そういう体験をしない限りは、どの食器類も必要に思えます。

今までどれも必要と思えていたお皿が「これは合わないから..処分しよう」と、自然に思えるようになればしめたものです。

それと調理器具類。断捨離のやり方が違いますが、こちらは簡単。

燃えないゴミの出し方を熟読する

これで十分です。実はあまり捨てる機会のない調理器具。捨て方を調べるのが面倒で手放さないケースが多いからです。

※あと、調子の悪い圧力鍋など、「直せば使える」という気持ちでとっておくみたいな人もいますが、捨てられない人が手間が10倍以上かかる「直す」を実践できるわけがないので、すぐ直せないものは捨てましょう。反省(捨てました)。

衣類の断捨離

衣類の断捨離は3段工程で断捨離をしていきます。

  1. メルカリで売る
  2. ブランディアで売る
  3. 捨てる

最初はメルカリを活用しましょう。個人のフリマアプリです。ただし、メルカリで売る品数を限定します。

  • 季節の変わり目アイテム(秋前にニット・セーターなど)
  • 買ったばかりで状態の良いもの(多くの人が欲しがる)
  • 片付けるアイテムが1、2品と少ないとき

だいたい、クローゼットにしまえるダンボール1箱分くらいだけ売ります。また、1週間、買い手がつかない場合は売るのをやめます

次は、ブランディア。
宅配買取サービスです。ファッションブランドの衣類ならば、ブランディアを使って現金に変えてしまいましょう。まとめて売れるので一気に片付きます。

メルカリの方が高く売れるけれども..
宅配買取サービスの買取額は、実はそこまで高くはありません。正直、メルカリで必要な人に買ってもらえる方が値段も高いし、喜んでもらえて嬉しいです。
しかし、メルカリは売れるまでの間、在庫管理が発生します。
いつ売れるかわからないメルカリ販売中のアイテムを半年・一年クローゼットに確保しておく..。断捨離したいのに、それって本末転倒ですよね。
わが家は一度、その過ちを犯してまったく片付けが進まず。「お金じゃない!スッキリしたいんだ!」と、まず宅配買取を検討する方式に変えました。

関連本を売りたい。宅配買取とメルカリはどっちがいいの?

最後に余ったものは、すべて捨てます。
この3段工程を繰り返すと、2週間か3週間でかなり家がすっきりしますし、今後、衣類が増えたときも同じ工程で片付けがはかどります。

ブランディア宅配買取の詳細をみる

関連14着の断捨離に成功!宅配買取「ブランディア」で洋服を買い取ってもらいました。

のんびり断捨離を進めたらうまくいきました

私たち夫婦は「これいらない!」など、そこまでバッサリと物を捨てられるタイプではありません。

ですから、家がスッキリ気持ちよくなるとはいえ、何かを一気に捨てると「あぁもったいない」とか、「あーお別れ」とかつい思ってしまう口です。

だから一つ一つの処分はすぐしますが、家中の断捨離計画はゆっくりと進めました。
2ヶ月、3ヶ月と、少しずつ捨てたり・売ったりしながらモノが減っていくと、心が貧しくならず、断捨離も単発で終わらずスッキリした家が続いてうまくいきますよ。

モノを持つのも、捨てるのも、人は同じ所有欲で動くのだそうです。所有欲とは言い換えると「自分のコントロールできる範囲を増やしたい心」だそう。本当だ、いらないと思ったものを自ら手放せるのも、所有欲解消の一種なんですね。

同じ欲なら自分の心をうまく導いて、家をスッキリさせていきたいものです。

スポンサーリンク

記事をシェアする

片付けると家がスッキリ。わが家が断捨離した3大贅肉アイテム

Total3share

関連記事

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
ウェブサイトを運営しながら仲良く自営する夫婦です。在宅ワーカーで自宅にいる時間が長いので、家で快適に過ごせるよう試行錯誤中。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる