買い物したときは捨てどきでもある。物をため込まないために大切なこと

ニューバランスの新しい靴

久しぶりに新しい靴を買いました

子どもが産まれたことで、履きたいと思う靴が変わりました。
いまはいかに動きやすくて、転びにくいか、を重視しています。

その結果、スニーカーを買うことにしました。

親になって気がつきましたが、持ち歩くもの、身に付けるものがすべて子ども中心になっていきますね。

さて、新しくスニーカーを買ったので、今まで履いていた靴はどうするのか。わたしは物を溜め込まないように、手放すことにしました。

スポンサーリンク

もう履かない靴は手放す

わが家の玄関は小さく、シューズボックスも広くありません。

関連小さな玄関でもスッキリ見せるために、わが家が気をつけている4つのこと

なので、新しく靴を買ったタイミングで、靴箱のなかも見直しました。

残しておく靴の基準

  • これからも履く靴だけを持つ
  • 履かない靴は捨てる
  • くつ箱に入る量しか持たない

「残しておく靴の基準」をもとに検討した結果、今回手放すことにしたのは、この2足。

手放した靴

  1. スリッポン
    サイズがなかったもののデザインを気に入ったので購入。でも靴擦れになるのでもう履かない
  2. ムートンブーツ
    ちょっと大きめのデザインで転びやすいので子育て中はもう履かない

スニーカーを新たに購入しましたが、今回2足を手放したことで、クツ箱に1つスペースが空きました。

買い物したときは捨てどきでもある

これまで何度か2足の靴を手放そうかなと思っていましたが、なかなか手放すきっかけがありませんでした。
でも新たに買い物したときって、意外と大胆に手放せたりするんですよね。

新しい靴も買ったし、もう本当に履かないかな

って感じで、今まで以上に強気で捨てる覚悟ができます。

「1つ買ったら、1つ手放す」を繰り返していけば、いま以上に物が増えることは防げるので、買い物したときこそ、しっかり“手放すこと”も意識することは大切だなと感じました。

スポンサーリンク

記事をシェアする

買い物したときは捨てどきでもある。物をため込まないために大切なこと

Total2share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる