スキャナー「ScanSnap ix500」は、書類の断捨離があっという間にできて便利だよ

最近わたくし、断捨離にハマってまして、家の中をすっきりさせたい願望があるのです。

家にあった紙の山を処分できる
シンプルな家で暮らしたいと家の中のものを見直してみたら、これだけのペーパー類が出てきました。
とはいえ、厄介なのが捨ててスッキリさせたいけど、契約書や取扱説明書など「いつか必要になるかも」と思ってなかなか捨てられないこと。

だからどんどん紙がたまってしまう一方で、もうじきiPhoneの高さを超えてしまいそうです。
そこで思い切って、スキャナーを買って、紙として残していたものをデータとして保存するように切り替えることにしました。

スポンサーリンク

スキャナー「ScanSnap ix500」を買ってみた

ScanSnap ix500はコンパクト
「スキャナーはどれも一緒でしょ?」と思っていた私ですが、色んな口コミや評判を調べてみて、一番評価が良く使いやすそうだった「ScanSnap iX500 FI-IX500A」を購入してみました。

スキャナー選びで意識したこと

スキャナーを選ぶ際は、こんな点に気をつけて選んでみました。

  • サイズ感
  • 価格
  • 読み込み速度
  • 同時セット可能枚数
  • 検索できる文字認識があるか
  • wifi接続はできるか

ScanSnap ix500の良いところ

ScanSnap(スキャンスナップ)ix500を購入してから、1ヶ月使ってみた感想をまとめてみました!

1、スキャナーの読み込み速度がはやい

ScanSnap ix500は読み込み速度がはやいです!
従来のスキャナーが1分間に20枚(40面)を読み込んでいたのに対して、25枚(50面)を読み込めるようになったそうです。
+5枚アップ!

といってもスピードのイメージがつきにくいと思うので、動画を撮影してみました。

どんどん読み取っていくー!両面でこれ。思っていた以上に、読み込みがはやいです。
スキャナーって結構サクサク読み込んでくれるんですね。気持ちがいいー!

これだけのスピードにもかかわらず、両面しっかりスキャンしてくれています。

2、セットできる枚数が多い

ScanSnap ix500は1度に50枚までセットできます。

1度に50枚セットできる
目安のサインもあるので、サインを超えるまで紙を重ねて、一気にスキャン。楽チンです。

スキャンできる枚数が多い
今回、目安のやや手前まで紙を重ねてみたら、このくらいのボリュームになりました。
一度にスキャンできる枚数が多いので、読み込んでいる間はほかのことをしたり、時間を有効活用できるのはとても嬉しいです。

スキャナーによっては、1枚ずつ手差ししなければならない(しかも片面ずつスキャン)ものもあるので、それと比較すると断然作業効率が高いです!

3、コンパクト

「使っていない時は邪魔にならないかな…」と心配していました。

ティッシュボックスと比較
でも実物は、ティッシュケースよりも少し長いくらい。

コンパクトなスキャナー
高さはティッシュケース3箱分くらいです。

思ったよりも小さかったので、使っていない時は本棚においたり、テーブルの隅っこに置いたりしています。大量のペーパーがなくなってスペースが空いたところに、スキャナーを置いているといった感じです。


ix500よりももっとコンパクトな「ScanSnap S1300i」もあります。私たちも最後までix500とどちらがいいか悩んだんですよね。
使う頻度が低い&紙の量が少ない方は、もしかしたらS1300iでも十分かもしれません。

4、A3サイズでもスキャンできる

ScanSnap ix500をさらに広げる
通常一般家庭用のスキャナーはA4サイズの読み取りが最大ですが、ix500はA3サイズもスキャンできます。
私たちはまだ使ったことはありませんが、付属のA3キャリアシートを使い、A4サイズに2つ折りにしてスキャンするそうです。

名刺サイズをスキャン
反対に、小さいサイズの名刺もこんな感じに簡単にスキャンできます。

5、検索可能な文字を読み取れる(OCR認識)

紙に書かれた文字を、検索できる文字に変換してスキャンすることができます。
これは特に、名刺をスキャンするときに使っています。テキストのコピーもできるので、ほんと便利です。

文字読み取り速度
しかも、検索できる文字を読み取れるPDFを生成するスピードが、大幅に短縮されたそうです。
通常のPDFとほとんど変わらない速度でファイルが出来上がるので、ストレスを感じることなく使うことができます。

6、クラウドサービスと連携できる

ScanSnap Cloud
原稿をセットしてスキャンするだけで、クラウドサービスにスキャンデータを直接つなげてくれます。
スキャンした原稿を「レシート(領収書)」「名刺」「文書」「写真」の4つの種別に自動的に判別して、振り分け保存してくれるのです。

とはいえ、私たちはまだそこまで活用しておらず、

  • 基本的にgoogleドライブに保存
  • レシート・領収書だけfreeeに保存

こんな感じに大雑把に仕分けして保存しています。

7、wifiでスキャンできる(コードレス)

ScanSnap ix500スキャナー
実は結構重視していたポイントが、コードレスで使えるかどうか。
パソコンとスキャナーをコードでつないでから使用するのは、「のちのち手間に感じて使わなくなる」と思っていたのです。

だからwifi接続でコードをつながなくても使えるものを選びました。

ScanSnap ix500は本体のボタンを押せば、パソコンとつながなくても、スキャンすることができるので快適です。

ほかにもこんなところが便利

上記のほかにも、便利なところを書き出してみると、こんなこ感じです。

  • スマホ・タブレットにスキャンしたデータを送信できる
  • 重送(重なって読み込んでしまうこと)が少ない
  • 白紙を自動的に削除してくれる

ScanSnap ix500の良くないところ

便利なScanSnap ix500なのですが、1つだけ、「なんでよ!泣」と思うところがあります。

2台以上のwifi接続には追加ライセンスが必要

ScanSnap ix500の良くない点は、2台以上のwifi接続には追加ライセンスが必要なところです。

我が家ではみなみのひげ(夫)と私のそれぞれのパソコンで使いたいのに、wifi接続できるのは1台のみ。
パソコン2台目もwifi接続させるには、追加ライセンスを購入しなければいけないのです(泣)

仕方なく我が家ではみなみのひげのパソコンを、スキャナ用(wifi接続用)として使っています。

こんな人におすすめ

長々と説明してしまいましたが、ScanSnap ix500は以下の方におすすめです。

  • しばらく保管しておかなければいけない書類がたくさんある人
  • 取扱説明書を何冊も持っている人
  • 子どものプリント類がたまっている人
  • 自炊(自分で本の電子書籍化)をしたい人
  • 手書きで書いたメモをデータで保存しておきたい人
  • もらった名刺をデータで保管したい人

おかげで家の中がスッキリしました!

ScanSnap iX500は決して安くないですが(むしろ高級すぎて我が家では5回以上買うかどうかの家族会議が開催されたのですが)、家の中がすっきりしているのを見る度に、「買ってよかった」と実感しています。

これからもペーパー類はどんどん家に舞い込んでくると思うので、その都度、スキャンしてキレイな家を保って行きたいです。

スキャン後の個人情報の処分に合わせてどうぞ

スキャンした後に出てくる個人情報が書かれたものには、黒いノリ「ケスペタ」を塗って捨てるといいですよ。

関連シュレッダーの代用品「ケスペタ」真っ黒なのりで個人情報は本当に守れるの?

スポンサーリンク

記事をシェアする

スキャナー「ScanSnap ix500」は、書類の断捨離があっという間にできて便利だよ

Total4share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
ウェブサイトを運営しながら、仲良く自営する夫婦です。2017年下半期のテーマは、“美しいひきこもり”。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる