40万円安くなった!わが家が実践した節約術

くらのらとは?

くらのら

くらのらはわたしたちみなみの家が運営する暮らしブログです。

くらしを のんびり ラクにする」がコンセプト。

「暮らしをよくしたいなぁ」と考え始めた人に役立つ情報を発信すべく、2017年1月から運営しています。

「くらのら」は、サイトの正式名称である「くらしにのらり」の略です

略称で”くらのら”と呼んでいたら、そっちの方がサイト名になりました

くらのらのコンテンツ

くらのらは暮らし情報をブログ記事として発信しています。

  • 少なくシンプルに暮らす
  • 家をスッキリさせる収納・断捨離術
  • お金をかけずにムリなく暮らす
  • カラダや心を整える暮らし
  • 休日を豊かにするアイデア

もともと私たちが運営している沖縄移住ライフハックで書かれていた記事から暮らし系の情報を抜き出し、こちらにまとめました。

くらのらの暮らし情報で特長的なのは、小さく暮らすことを推していることです。

大きな家に住んでいても掃除や管理が大変なだけ。
それなら最小限のサイズの家に住んで身軽に暮らそう。

むやみにお金を欲しがっても、お金は増えず、むしろ自分の時間が削れるだけ。
それよりも自分が何が欲しくていくらかかるか整理すれば、節約も貯金も楽だし不安もない。

お金のためだけに、ただただ仕事時間を増やすのはムダ。
もっと時間を有効活用しよう。のんびり暮らしたり、自分のためになることへ時間を費やそう。

今はモノやサービス、情報が溢れるほどある時代なので、たくさんモノがあると混乱してしまい、かえって豊かじゃありません。

“これくらいがいいな”と実感できる暮らしが好きです

暮らしをあえて小さくして、自分たちの”ちょうどいい”を探っています

家計にムリなく、時間に追われず、かわりに必要なモノ以外、多くは持たない。
そんな小さな暮らしに興味・関心のあるかたには、相性のいいブログだと思います。

ミニマリストって感じではないよね

ゆるい節約・シンプルライフって感じかな?

暮らしブログに込めた思い

暮らしの情景は素晴らしいけれど..

もともと暮らし系の情報が好きなわたしたち夫婦。

世の中には「暮らし」に関する素敵なサイトや雑誌、書籍がたくさんあるので好んで読んでいました。

朝5時に起きて、

瞑想と深呼吸。

雑巾掛けを毎日やり、

季節のお花を家に飾り、

家族においしい手料理を作り、

手早く、家事も、仕事もこなし、

疲れたらうまく力を抜く方法を知っていて、

どんなに忙しくても笑顔を絶やさない。

あぁ、ステキ

わが家もこんな憧れの暮らしをしよう!

そういった理想ともいえるていねいな生活の様子。

今でも、さまざまな暮らし情報に感化されたり、参考にしたり、お世話になっています。

ただ一方で、

あまりに美しすぎる暮らし情報を実践するのは、荷がおもいな..

そう、自分たちが思っていることに気づきました。

あぁ、また部屋がゴチャゴチャになっちゃった..

なんでもっとスマートに暮らせないんだろう..

理想に期待する自分と、実現できていない今の自分。
その「ギャップ」が、しずかな重圧になり、悩むことも多かったのです。

私たちは、やっぱり

私たちは、やっぱり怠惰な生きものです。

ていねいに暮らそうとしても、すぐに余裕もなくなります。

現実的に見ても、シンプルというより、複雑雑多な世界に生きています。

でも、
だからこそ、
日々の暮らしをすっきりと、きちんとしたいと願っています。

理想を求めすぎて、ムリばかりしてても良い暮らしじゃないね

等身大に工夫するのが大切なのかも

本当に暮らしを良くすることってなんなんだろう?

じっくりと、しっかりと自分たちの生活を見返してみたら、
少しずつ自分たちを変えてくれる情報との出会いこそ、本当に大事なんじゃないかと気づきました。

「少し変われた」を大切にしたい

わたしたちは、たしかに怠惰でごちゃごちゃした人間ですが、でもずっと同じように怠惰でごちゃごちゃした暮らしをしているわけではありません。

思い切って断捨離したら、部屋ひとつ分スッキリした!

DIYにチャレンジしてみたら、部屋が素敵になった!

1年、2年、3年、暮らしは一歩ずつ理想的になっており、そこにはやっぱり、良い情報との出会いがあります

インスタで見かけた投稿
雑誌の1ページ
誰かのふとした一言
ブログ記事
本の一説

それは、ふとした情報との出会い、
それを積み重ねて、私たちの生活は、わずかずつではあるけれど、良い方向へと変わっていくように感じられます。

「朝5時に起きて優雅にコーヒー飲むのは無理だったけど、
朝に飲むコーヒーの、目覚めのいい飲み方は覚えられた」

ささやかな情報には、優しい、強い力があります。

これくらいのペースでいいんだと思います。

「少し変われた」

くらのらでは、そういった小さな変化を大切にしていきたいです。