マイホーム体験談note『小さな家づくり』はこちら

【Kindle出版】AmazonKDPで絵本をだすときにハマった箇所3つ

Amazon Kindle direct Publishig

夫婦で作った絵本を、AmazonKDPで販売してみましたー!

やったー!

うれしい〜

パンダ・ナンダ

Amazonで自分たちの絵本が販売されてるー!

わたしたちがだした絵本↓

AmazonKDPのツールや仕組みは非常によくできていて、絵本を出版したことのない私たちには大変、ありがたかった……のですが……。

出版リリースするまでにハマった箇所もけっこうあった……

この記事では、私たちがAmazonKDPで絵本をだすときにハマった箇所3つを、解決方法とともにご紹介します。

スポンサーリンク

その1言語設定のせいでアップロードできない

Kndle Kid”s Creatorで作成した場合、いざファイルができあがってもなぜかアップロードできない問題が起こります。

原因はこれ↓

ファイルの言語設定が外国語になっている
主にen(英語)になっていることが多い

絵本のように「固定レイアウト」で作成する場合、ツールが日本語に対応していないもよう。

最初の言語設定メニューに日本語がありません

これを解決するには2つ。

  • 日本語設定ができる「Kindle Comic Creator」を使う
  • ファイルを直接いじって言語設定を変える

私は後者の方法で解決したので、その説明を書いておきます。

【解決方法】ファイルを直接いじって、言語設定を日本語に変える

※ファイルコードをいじるため、コードエディターツール(プログラミングする人とかが使うやつ)が必要になります。実際におこなうのはごく簡単なコーディングですが、不安なかたは「Kindle Comic Creator」をお使いください。

コードエディターはなんだっていいのですが、私は「Visual Studio Code(通称VScode)」というマイクロソフト社が出している無料のエディターツールを使っています

コードの知識がない人には難解に見えるかも知れませんが、やることはめちゃくちゃ簡単です。

  1. 編集ファイル(content.opf)をVScodeで開く
  2. 言語設定タグの中身を「ja」に書き換える
  3. 編集ファイルを保存・完成ファイルを書き出して完了!

「言語設定タグってなに?」というかたは下の画像をご覧ください。

opfファイルの言語設定タグ

opfファイルをVSコードで開いた様子

<dc:language>〇〇</dc:language>
※〇〇には”en”など、言語の設定が入っています

ファイルを開くと、バァー――っと文字がたくさん出てきますが、上のように、「dc:language」と入った1行がありますので探してください。
わりと上の方にあるので、すぐ見つかるはず。

そこの「〇〇」の部分を「ja」に変えます。

jaはjapaneseの略。
つまり日本語ってことですね
ちなみにenはenglishの略

保存するとファイル内の言語設定が日本語に切り替わり、以降、完成ファイルを書き出しすればアップロードができるようになります。

その2税務インタビュー(米国TIN)

Amazonで販売する設定をおこなっていると、横文字の税務インタビューをおこなうよう言われます。

なにこれ???

「米国 TIN (Taxpayer ID Number: 納税者識別番号) をとれ」みたいなことが読み取れて、さっぱりわからないけれど、何か答えないとヤバそうな感じもするし……。

どうしたらいいんや

Amazonの公式に解説がありますが、ちょっとよみずらい……。

関連税に関するインタビュー|Amazon Kindle Direct publishing

こういうので、私は混乱します

【解決方法】日本にはない番号なので「ない」と答える

これ、結論からいえば、こんな感じ。

日本国内(Amazonの.co.jpドメイン)で販売する場合は、米国TINがなくて大丈夫
米国(Amazonの.comドメイン)で販売される場合に、米国TINが必要

この記事が対象にしている方々は、おそらく日本国内で個人作品を売りたい人だと思います。

なので、インタビューに答える場合は、日本には「税務番号」というものがない(2022年時点)ので、「ない」と回答すればOKです。

※現時点で税務番号は、マイナンバーのことではありません。お間違えのなきよう。

わかりやすくやりかたが紹介されている、ありがたいサイトを発見しました↓

その3価格が無料にできない

いよいよ販売!
値段付け!

そんなとき、デジタルで本を出版する場合には、無料化して、利益よりも、たくさんの人に読んでもらって、広告効果を優先させる考え方がありますね。

しかし、Amazonで0円販売しようとすると、最低価格が「99円」に指定されており、0円に設定できません

参考希望小売価格の要件|Amazon Kindle direct publishing

(↑ページ中段の「Amazon.co.jp での希望小売価格の要件」をご確認ください)

とはいえ、まったく無料販売ができないわけではありません。

ふたつ、方法があるようです

【無料販売方法】キャンペーンを活用する

Amazonのマーケティングメニューで「キャンペーン」なるものが設定できます。

簡単にいうと……

販売期間90日のうち、5日間分、無料キャンペーンを設定できる

というものです。

このメニューを使うには条件があって、

という感じになります。

私たちはこの制度を活用しました

一時的ではありますが、無料販売すると、やはり人が読みにきてくれます。

このタイミングで、作品を気に入ってくださった読者さんに、キャンペーンとあわせてレビューをおこなってもらうと、作者としても勉強になります。

【無料販売方法】プライス・マッチ制度を活用する

KDPセレクトを設定したくなかったり、期間を長くしたい場合は、「プライスマッチングの考え方」を活用できないか検討します。

参考プライスマッチング – Amazonカスタマーサービス

Amazonは、基本的に低価格で競争力のある価格を維持するよう努めており、すでに低価格が実現されていると考えています。

そのため、他媒体で販売している作品が自媒体よりも安い状況は、企業努力方針にそぐわないと判断されます。

つまり……

もともと他の媒体では0円で販売していたのに、AmazonKDPだと0円に設定できないため、価格が高くなってしまった……

なんていう場合は、カスタマーサービスに相談してみると、0円で調整してくれることがあるようです。

私たちはプライスマッチを使っていないのですが、調べてみると、実際にプライスマッチを活用して0円出版されているかたがいますね↓

高山 環(たかやま かん)さんという小説家のかたでした。

楽天Koboを活用されていたかたのようです
実際のやりかたも、リンク先で紹介されていて、わかりやすかったです

プライスマッチングのAmazonKDPで初出版だけど、無料にしたい場合には使えません。
その場合はキャンペーンを活用することになるわけです。

以上、3つのハマったポイントでしたー。

同じような問題にハマっている人は役立ててみてくださいねー

追記:次回作も近日(6月1日予定)リリースしま〜す

1作目をだしたところ、たくさんのかたに読んでいただき、また、60あまりのレビューもいただきました

あたたかいコメントにとても励まされ、喜びのコメントに描いてよかったなと思い……、絵本って素晴らしいなと心から思いました。本当にありがとうございます。

意欲をだして、絵本をまた作ろうと思い、半年ほどまたふたりで創作。

次にできあがった絵本、テーマは「ほっぺ」です!

ほっぺパン

くらのら絵本、次回作のタイトルは『ほっぺパン』。審査に通れば22年6月1日リリースです

わが子のほっぺがパンみたいなので、想像して作りました

かわいい子どものほっぺがパンになって、それをみんなにくばって歩くお話です♪

リリースとともに無料キャンペーンをおこなう予定ですので、お子さんのいらっしゃるかた、読んでみたいかた、どなたでも、もしご興味のわきましたら、『ほっぺパン』、チェックしてみてくださいね。

↓↓↓ リリースされましたー!

シェアする
閉じる