とうもろこしのおいしい茹でかた。茹でたあとの放置がポイントです

トウモロコシのおいしいゆでかた

毎年6〜9月頃になると、店頭に並びだす、とうもろこし。
甘くておやつにも、おかずにもピッタリですよね。

今回は、とうもろこしのおいしい茹でかたについてご紹介します。

スポンサーリンク

とうもろこしのおいしい茹でかた

1、お湯を沸かす

お湯を沸かす
まずは、お湯を沸かします。
このときに、水に対して2〜2.5%の塩を加えます。

2、とうもろこしを茹でる(10〜12分)

トウモロコシを茹でる
お湯が沸騰したら、とうもろこしを入れます。

とうもろこしは皮を1枚だけ残して、それ以外の皮と茎は取り除いておきましょう。
皮を1枚だけ残しておくことで、水分を含んだみずみずしい仕上がりになるそうです。

トウモロコシを転がす
茹でている間は、2、3回、とうもろこしを回転させます。
そうすることで、とうもろこし全体を茹でることができます。

3、放置する(10分)

トウモロコシを放置する

ここからがポイントです。
茹で上がった後は、そのまま10分間ほど、お鍋の中で放置します

そうすることで、塩分がとうもろこしに染み込み、甘みが増すようです。
茹でたからといって慌てて食べず、お鍋に放置したままにしましょう。

4、とうもろこしを冷ます

トウモロコシを冷ます

10分間お鍋で放置したあと、すぐに皮をむいて食べようとするとヤケドしそうになるほど熱いです。
ザルにあげて、熱が冷めるのを少し待ちましょう(逆に冷まし過ぎても美味しくなくなってしまうので、よく様子をみてください)。

とうもろこしをおいしくいただきました

トウモロコシの茹でかた

毎年、時期になると、本当に甘くておいしいとうもろこしを食べられますよね。

とうもろこしをより甘く食べられるように、色々と茹でかたのコツがありますが、わが家が実践している茹でかたは、白ご飯.comさんのものを参考にさせていただいています。

こちらのサイトはとうもろこし以外にも、ご飯がすすむレシピを多数紹介しているので、とても勉強になります。

おいしいとうもろこしを食べたいかたは、「10分間の放置」の一手間。やってみてくださいね。

スポンサーリンク

記事をシェアする

とうもろこしのおいしい茹でかた。茹でたあとの放置がポイントです

Total1share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
ウェブサイトを運営しながら、仲良く自営する夫婦です。2017年下半期のテーマは、“美しいひきこもり”。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる