40万円安くなった!わが家が実践した節約術

簡単で最高においしい土鍋ご飯の炊き方。もう炊飯器には戻れないかも

土鍋ごはん

簡単なのに、最高に美味しい。炊飯器で炊くのと雲泥の差

普段は炊飯器を使い、スイッチ1つで炊くごはん。

「でもたまには」と、土鍋で炊いてみたらお米がすごく美味しい!びっくりしました。

土鍋でごはんを炊く方法も、実はまったく難しくなかったし、これはちょくちょく土鍋ごはんをやっても良いかもしれません。

スポンサーリンク

実は簡単。土鍋でごはんを炊く方法

土鍋ごはんを炊く

土鍋でごはんというと、料亭に出てくるようなイメージ。
だから作るのも難しいのかな、と思っていたのですが、意外にも簡単

家庭で食べるくらいのものなら、普通のごはんの炊き方をするだけでも、炊飯器で炊くより断然、美味しいごはんが作れてしまいます。

土鍋ごはんのレシピ

土鍋のサイズが家によって違うので、それにあったお米と水の量を準備しましょう。

わが家は8号サイズ(3〜4人分)で炊きました。

お米 3合
お水 630ml

しばらく水にさらして水を吸わせた方が、柔らかく、美味しいお米が炊けます。今回は手軽さ優先で浸けおきせずに作ります。

ポイント

土鍋は水を吸うので浸けおきする際は、土鍋を使わず別の器を使いましょう。水を吸った状態で、そのまま強い火にかけるとヒビ割れしやすいです。(残ったお鍋の保存の際も注意。私は一回やらかしました)

お米を炊く

火にかける

火にかけてから大体40分くらいで完成します

  1. 土鍋に研いだお米と水を入れる
  2. フタをして中火にかける(10分くらい)
  3. 土鍋から湯気が出たら弱火で15分
  4. 中の水分が十分とんだら火を止める
  5. フタをしたまま10分蒸らす
  6. 完成

「はじめチョロチョロ中パッパ」なんて、お釜で炊くときの言葉もありますね。
土鍋の場合は強火だと割れやすいのと、全体に熱が回るとしばらく熱保持する特徴があります。

中火→弱火(15分)→蒸らし(10分)

こう覚えると簡単に作れます。

香ばしい香りと、もっちりとした歯ざわり

土鍋ごはん

フタを開けると、お焦げの香ばしい良い香りがします。

土鍋ごはん

お米ももっちりとした具合で炊けて、本当に美味しいです。

最初はぜひお米だけで食べてみてくださいね。

シェアする
閉じる