お知らせ家づくりの体験談をnoteにまとめました

洗う量に合わせて幅が広がる!ヨシカワ「水切りカゴ」がおすすめ

コンパクトにもなる水切りかご

マイホームに入居後、色んなものを買ってきました。

その中で、買ってよかったキッチンアイテム堂々の第1位、ヨシカワ「水切りカゴ」を紹介します。

スポンサーリンク

幅が広がる!ヨシカワの水切りカゴ

わたしが水切りカゴに求めた条件は、コンパクトであること
さらに、たっぷり食器を入れられること

この矛盾する2つです。

そして、それを兼ね揃えていたのが、この水切りカゴだったんです。

コンパクトなキッチンでも使える水切りカゴ

使っていない時はこんな感じで、コンパクト。

コンパクトにもなる水切りかご

2人分の食器くらいが入るサイズ感です。

朝ごはんなんか、このくらいのサイズでちょうどいいです

でも夜になると洗い物が急増。
そんなときは・・・

水切りカゴの幅が広がる

ぐいーんと、水切りかごを広げることができます。

家族3人分の食器を水切りかごで乾かす

約2倍の収納力に!

水切りカゴのおすすめポイント

ほかにもこの水切りカゴのいいところがあるので、紹介していきますね。

カトラリー入れ付き

水切りカゴにカトラリー入れ付き

スプーンや箸を入れらるカトラリー用の水切りカゴが付いてきてくれます。

水切りカゴによってオプションだったりするのですが、この水切りカゴは最初からついてくれているのでありがたいです。

お皿やまな板がひっかかる

もともとは「栗原はるみさんの水切りカゴがいいかな」と思っていたんです。

ただ口コミを見ていると、どうやらお皿とかをまな板をひっかけにくいとか…

それでこちらの水切りカゴにしました。

大きいお皿もキャッチ

しっかりひっかかり、大きなお皿も立てて収納できるようになっています。

値段が安い

栗原はるみさんの水切りカゴって、1万3,000円もしているんです

対して、同じ会社がつくっているこの水切りカゴは、7,000円台。

水切りカゴにしては高いと思うかもしれないけれど、当初、栗原さんの水切りかごを買おうか悩んでいたわたしは、

半額近くになる!

とおトク気分になりました。

水切れがいい

水切りカゴの水切れがいい

みてください、この急勾配。

水がシンクに流れやすい設計になっているので、トレイの乾きもいいほうだと思います。

大満足!食器を拭く時間が短縮できた

もともと、水切りかごを一度手放したわたし。

でもマイホームが建ち、キッチンが広くなったことでまた導入してみました。

結果、大満足!

食器を拭かなくてよくなったので、代わりにいままでおろそかにしていたコンロ側の掃除にしっかり時間をかけられるようになりました。

ヨシカワの水切りカゴはキッチンに合わせてサイズを色々選べるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

毎日の家事がラクになりますよ

わたしが購入したのは、奥行き47cmです。
(47cmはいま取り扱いがないみたいですね汗)

シェアする
閉じる