雑草だらけの土地を耕し、畑づくりから。素人が週末農業をはじめてみました

手に入った土地

ひょんなことから土地を貸してもらえることになりました。

小さな島の、小さな土地です。
あるのはキレイなビーチと、生い茂った雑草たち。

せっかく貸してもらった土地なので、「活用しなければもったいない」ということで、畑をはじめてみることにしました。

関連土地が手に入った…!海辺の小さな三角形の土地で”なんか”やろうと思います@瀬底島

スポンサーリンク

畑をはじめる前にやらなければいけないこと

草刈り

畑をやろう!と思っても、当たり前ですが、しばらく放置されていた土地ではすぐに畑はできません。

まずは草刈り機で、草刈りからはじめました。

瀬底島の土地

なんとか2日間かけて、土地らしい見た目になってきました。

とはいえ1、2週間も放置するとまた草が生えてきてしまうので、いたちごっこに近い状態なのですが・・・。
夏場に畑をスタートするのは暑いですし、草が生えやすいので、あまり良くないのかもしれないしれないですね(はじめてから気がつきました)。

根っこをとる

木の根っこをとる

この作業は土地によっては不要かもしれませんが、私たちの土地では必要でした。
いたるところにサトウキビの根が土の下に眠っており、それを掘り返していきます。

畑に使った道具
このときに使った道具は、シャベルクワです。

草刈りよりも体力がいる作業です。

こちらは友人5名の協力をえて、半日かけて畳一畳分が終わりました。

畑をはじめるときにやること

耕す

畑を耕す

ようやく見た目が畑らしくなり、スタートラインに立った気分です。
土を柔らかくするため、耕します。

肥料を混ぜる

肥料を混ぜる

土に栄養がなければ野菜が育たないようなので、土に肥料を混ぜていくことにしました。

農業経験者のかたにアドバイスをもらい、買ってきたのはこちら。

  • 肥料 40ℓ分
  • 苦土石灰 5kg(1kgあれば十分でした)
  • 魚かす 700g

土に肥料をまく

土にまいていき、クワで混ぜ合わせます。

苗を植える

苗を植える

畝を作り、苗を植えていきます。

植えるときのポイントは、「蔓(つる)が伸びるものは、伸びる方角を考えて植える」ことだそうです。
わたしたちの場合はゴーヤーがそれにあたるので、ほかの野菜に影響がでないように隅っこに植えました。

植えるときのポイント

もう1つのポイントは、苗の根元に土をかぶせすぎないこと
もともとついていた土が少し外にでるようにしてあげることで、呼吸(?)ができるのだとか。

水の確保 & 雑草予防

雨水をためる

私たちの畑には水道が通っていないので、雨水を利用することにしました。
畑の横に、ポリバケツを埋め込み、ここに雨水を溜めていきます。

また土に肥料をまいたことで、雑草が生えてきてしまうので、枯れ草をかぶせることで、生えるのを予防してみました。

野菜の収穫が楽しみです

こうしてなんとか畑をスタートすることができました。

植えた苗

めったに水やりにいけない距離なので、今回は強い野菜を中心に植えることにしました。

  • ゴーヤー
  • モロヘイヤ
  • オクラ
  • シシトウ
  • トウガラシ
  • ローズマリー

沖縄の強い日差しと、水の問題があるので、無事、収穫までいけるといいのですが・・・。
また進捗がありましたら、ご報告します。

スポンサーリンク

記事をシェアする

雑草だらけの土地を耕し、畑づくりから。素人が週末農業をはじめてみました

Total5share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
ウェブサイトを運営しながら、仲良く自営する夫婦です。2017年下半期のテーマは、“美しいひきこもり”。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる