ジョイントマットで赤ちゃんスペースを確保。シンプルな単色の大判マットがいい感じです

子どもがいる家庭に高確率で導入されている、ジョイントマット。
騒音や床のキズ、子どものケガ防止に設置されているかたが多いですよね。

子どもがズリバイをはじめたら、ジョイントマットを使おうかな?

子どもが動き回れるようになったら、わが家もジョイントマットの使用を検討していました。

でも結局、赤ちゃんが生まれる前の出産準備のタイミングで、ジョイントマットを早々に敷くことに決めました。

スポンサーリンク

ジョイントマットを敷くことにした理由

01布団を敷きやすくするため

わが家の暮らし情報
1LDK(40平米)
ダブルベッドのマットレスに赤ちゃんを寝かせる(予定)
夫はリビングで布団で寝る

わが家は1LDKの賃貸マンション住まいです。
さらに自宅兼仕事場としても使っているので、作業デスクが必要だったりと、なかなかスペースに余裕がありません。

1LDKに夫婦と赤ちゃんで寝る

それでも家具の配置を工夫してみると、日中の赤ちゃんスペース(水色部分)を確保できることがわかりました。夜は夫の寝るスペースにもなります。

詳しくは、下記で記事にしています(いまはエアコンの風が直接当たるので、マットレスと赤ちゃんスペースの位置を交換しました)。

関連1LDK(40平米)に夫婦+赤ちゃんで暮らせるの?わが家の間取りで考えてみました

今まで夫婦でマットレスに寝ていましたが、赤ちゃんが生まれるので、夫はお布団で寝ることに。
湿気の多い沖縄は、フローリングにそのまま布団を敷くのは、湿気やカビが心配なので、「それなら早いけれど、ジョイントマットがいいんでは」と導入しました。

結果として、床に布団を敷くよりも、クッション性が上がり、多少なりとも寝心地も良くなっているのではと思っています。

02オムツ交換スペースができる

ジョイントマットを敷くことで、そのまま赤ちゃんをゴロンと寝かせることができ、オムツ交換がしやすいです。

もし交換している最中におしっこをしてしまっても、ジョイントマットが防水になっているので、サッと拭き取るだけ。布団の上では、シーツを変えたり、そう簡単にはいかないですよね…。

「新生児は1日に20回、オムツを変えることもある」と聞いたので、オムツ交換をしやすくして、少しでもストレスを減らすために、ジョイントマットを出産前から設置してみました。

ジョイントマット選びで重視したこと

ジョイントマットを敷くことが決まったら、次はジョイントマット選びです。

私たち夫婦は、下記2つを重視して選びました。

  1. 掃除がしやすい大判サイズ
  2. 無地のシンプルなカラー

01掃除がしやすい大判サイズ

ジョイントマットを使っている先輩ママから、「大判の方が掃除がしやすいからおすすめだよ」と教えてもらいました。
どうやらマットの連結部分にゴミが入り込んでしまい、その掃除が大変みたいですね。

それに実際に使ってみて、「つなぎ目が少ない方がきれいに見える」「使う枚数が少なくて済むから、設置が簡単」というメリットがあることがわかりました。

02無地のシンプルなカラー

ジョイントマットで調べてみると、アルファベットが書かれたものから、コルク調のおしゃれなものまで、本当にたくさんの種類があります。

わが家の場合は、「いかにもジョイントマットを敷いています!」と目立っているものは苦手だったので、「なるべく部屋に馴染むシンプルな色」を求めて、ジョイントマットを探しました。

購入したジョイントマット

ジョイントマットライトグレー

色々探して見つけたのは、オフホワイトカラー

なかなか単色の薄いグレーのジョイントマットって売っていないんですね。

沖縄の場合、送料に1,000円ほどプラスでかかってしまいましたが、ほかではなかなか見つからなかったので、こちらを購入しました(通常は送料無料)。

オフホワイトカラーの詳細をみる

隅っこのカバー付き

壁際にもピッタリ敷き詰められるように、サイドパーツ付きです。

ジョイントマットの厚みは1cm

ジョイントマットの厚みは、1cm。
1cmでもクッション性はありますが、心配なかたはもう少し厚めを選んでおいた方がいいかもしれません。

わが家の場合はマットが余り、保管場所に困ったので、2重にして使っています。そのため、よりクッション性が増しました。

部屋にジョイントマットを敷いてみる

ジョイントマットを敷く前

実際に部屋に敷いてみました。こちらは設置前。

ジョイントマットを敷いた後

そして、設置後です。

部屋の色味と合っていて、あまり違和感がないですね。
うんうん、いい感じ。

夫婦ともどもジョインマットを活用中です

赤ちゃんがまだ生まれていないのもありますが、夫がジョイントマットのスペースを気に入ったみたいで、よく横になっています。

ここは俺のスペースだー!

なんて主張しています。お気に入りみたいですよ。

広げた様子

夫は夜になったら、お布団を敷いてここで寝ています。

実際に使っている様子

ちなみにお布団は3つにコンパクトに畳めるものにしました。
ちょっとしたクッションソファ代わりに座ることもできるので、寝る以外にも重宝しています。

関連布団にできる3つ折りマットレス探し。イオントップバリューの高反発マットレスがちょうど良いや、となった理由

わたしもマットの上で、ストレッチやヨガができるようになり、ただのフローリングだった頃よりも、スペースを有効活用できるようになりました。
ジョイントマットって、赤ちゃんスペースとしてだけでなく、大人にも役立つアイテムだったのですね。

いい買い物をしました。

関連赤ちゃんのためのジョイントマットはいつから必要?わが家は新生児のときから導入しました

スポンサーリンク

記事をシェアする

ジョイントマットで赤ちゃんスペースを確保。シンプルな単色の大判マットがいい感じです

Total1share

関連記事

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
ウェブサイトを運営しながら仲良く自営する夫婦です。在宅ワーカーで自宅にいる時間が長いので、家で快適に過ごせるよう試行錯誤中。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる