【海がみえる小さな家#1】はじめに。わたしたちのマイホーム計画について

沖縄で暮らしている、みなみの家です。

ピノ子です

夫のみなみのひげです

わたしたちは関東から沖縄に移住して、5年目の30代夫婦です。

「海のみえるマイホームを建てたい」と計画して、ただいま実行中。

海がみえる小さな家では、わが家がマイホームを建てるまでの体験談を綴っていきます。

家が建つまで暖かく見守っていただけると嬉しいです。

みなみの家の暮らし情報
在宅ワーカー夫婦(30代)+子ども(0歳)の3人暮らし。
現在は築30年・3DK(50平米)の賃貸マンションで、自宅と仕事場を兼用。
これから18坪の小さな平屋を建てようとしています。
スポンサーリンク

マイホームのコンセプトは「海の見える小さな家」

沖縄に住んだら、海が見えるところに家を建てたい

夫は「沖縄に移住して、海の見える家に住む」のが小学生からの夢でした。

沖縄へ移住?
さらに海が見える家なんて

関東暮らしのとき、あまりに夫の話がぶっ飛んでいて。

「待って!ムリムリ!」と驚いていたわたしですが、気づけば今年で移住5年目…。

海がみえる家なんて・・・わたしも住みたい!

全会一致で海のみえるマイホームを望むようになりました。

そして、夫婦でマイホームの妄想は膨らむばかり…

以下、わたしたちの妄想にちょっとお付き合いください。

海が見えるマイホームの妄想

海をみながら仕事して、夕方からデッキでバーベキューできる家がいいなー

なにそれ、最高じゃん。
わたしは庭で家庭菜園とかしたいなあ

いいねー新鮮野菜。
夕涼みしながらデッキでビールもいいなー

海みながらコーヒーもいいなー

こんな妄想ばかりしていたので、「海がみえる」は外せない条件でした。

海がみえる、それだけで心が癒されるんですから。
海って偉大ですね!

※これだけ「海、海」言っていますが、わが家は根っからの引きこもりです。
マリンスポーツ毎週!とか全くないです。
でも引きこもりだからこそ、常日頃、家から海がみたいっていう隠居的な考え方をしています。

サイズは小さくていい。ムリのないお金で建てたい!

「海がみえる」以外で、夫婦で希望したのが・・・

  • 20坪以下の家
  • 月々のローン支払いは負担を小さく

家族が快適に暮らせる、必要最低限のサイズで十分!

ローンの支払いもできるだけ負担を減らしたい

わが家は自営業なので、家計は不安定。ぐらんぐらんです。

夢はあるけれど、身の丈に合わない家を建てて不幸にならないために。
欲張らない。ムリをしない。

自分たちが家に何を求めているか、きちんと見つめながら家を建てよう。

そんなことを事前に決めました。

【次回予告】まずは土地探しをスタートするも…

さてさて、そんなこんなで土地探しをスタートしたわけですが…
そもそも沖縄で海が見える家なんて建てられるのでしょうか。

これが最初の大きな難問。

だって沖縄の海が見える土地といえば、競争が激しく、値段が高いんです。
さらに年々、建築バブルで価格が高騰していますから。

そんな状況でマイホームの土地は見つかるのでしょうか・・・

海がみえる小さな家の記事一覧をみる

スポンサーリンク
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(1歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
×閉じる

記事をシェアする

【海がみえる小さな家#1】はじめに。わたしたちのマイホーム計画について

2,021 views

×閉じる