40万円安くなった!わが家が実践した節約術

在宅ワーカーの良いところは通勤時間がないこと

家が仕事場

わが家は現在、夫婦ともに在宅ワーカー。
(ウェブのメディア運営を中心に自営業をしています)

こうなる前の会社員時代は、夫婦とも電車通勤。
片道1時間の通勤だったので往復2時間かけてました。

年単位で計算してみると、けっこうな時間になります

在宅ワーカーになった今、当時の1日の通勤2時間が、そのまま手に入ったようなカタチになり、これがとても素晴らしいと感じています。

スポンサーリンク

通勤時間の2時間分でできる色々なこと

1日で自由時間が2時間あると考えてみてください。
この時間、とても良いな、と思いませんか?

Googleの20%ルールで考えても、2時間、自由に使えるのってちょうど良いです。

1日で2時間、自由な時間が手に入るとしたらどうしますか?

2時間あるとけっこういろいろなことができますからね。
時間をどう使うかについて想像しやすいです。

まぁ実際、通勤になぞらえると、朝夕の1時間ずつ。
そんなに大それたことはしていませんが、在宅ワーカーになってから何していたかな、と思い返してみると、こんなことをしていました。

  • 料理を作る
  • 子どもと公園で遊ぶ
  • 散歩に出かける
  • ジョギングをする
  • スイミングにいく
  • 図書館に行く
  • 仕事を片付ける
  • お茶をする
  • 勉強をする
  • プログラミングをする
  • 映画をみる
  • 本を一冊読む
  • 両親にテレビ電話をかける
  • 買い物に行く
  • 植物の植え替え

なんとなく「やりたいけど、時間もないし」と思ってしまう事柄が、この時間にしっかりと取り組めるのです。

スキルをつけたいけど、そんな勉強している時間ない・・・
ちょっとゆったりとしたいけど、それどころじゃない
お腹が気になるけど、運動している時間がない・・・
子どもとたっぷり遊んであげたいけど、週末までガマンしてもらおう・・・
気になっている本・映画がたまってきちゃったなぁ・・・

こういったことが解消されていくのってとても気分が良いです。

小さいことだけど、良い気分になれる。
そういう事柄が増えると、生活が充実すると気づきました

日々の「もうちょっと時間があれば・・・」の”もうちょっと”ができている感じです

こういった些細とも思えることが、うまくいくようになると、意外と日々の暮らしの充実感が大きく変わります

時間をもっと見直そう

これは会社員より在宅ワーカーが良いよ、という話ではありません。

働き方は一長一短、色々ありますし、人それぞれ。
大事なのは時間をもっと見直そうということです。

私たちは、たまたま通勤時間で自由時間が確保できましたが、今、考えると会社員時代でも、もっと有意義な時間のつくりかたができたな、と思います。

毎日、電車移動中はなんとなくスマホをだら見。
何をやるか事前に計画してから移動してもよかったなぁ

住む場所やスケジュール調整で、同じくらい自由時間を確保できたかも

良い時間のもち方をもっと探れたよなぁと、そう思います。

もしかしたら「時間のよりよい使い方がある」と発見できたのが在宅ワーカーになって良かったことなのかもしれません。

シェアする
閉じる