オキシクリーンで食器を漂白。落ちなかった汚れがピカピカに!(写真つき)

オキシクリーン

「オキシ漬け」ってご存知ですか?

インスタグラムで主婦を中心に人気があり、目にしたかたも多いはず。

オキシ漬けは、酸素系漂白剤「オキシクリーン」でつけおき洗いすること

今回は人気沸騰中のオキシクリーンを使って、食器のつけおき漂白にチャレンジしてみました!

スポンサーリンク

そもそも、オキシクリーンってどんなもの?

わたしも名前しか聞いたことがなく、詳しいことはまったくの素人なので、調べてみました。

オキシクリーンの特長

  • アメリカ生まれの酸素系マルチ漂白剤
  • 洗濯(汗ジミ・黄ばみ・泥汚れ)にも使える
  • 掃除洗剤(キッチン・トイレ・洗濯槽)にも使える
  • 無臭でイヤなニオイがしない
  • 色柄物にも使える

つまり、オキシクリーン1本で家中のアチコチをキレイにできるってことですね。

わたしがオキシクリーンに魅力を感じた理由

オキシクリーンを購入した決め手は、ズバリ、酸素系漂白剤だったこと。

いままで塩素系を使っていましたが、どうしてもあの刺激が強いニオイが気になって・・・

ニオイからして身体に悪そう

そんな心配をしていました。

子どもが間違って飲んでしまっては…と、思い切って塩素系は手放すことに。

オキシクリーンは塩素系に比べ、刺激が少ないです。
生分解性の高い成分でつくられていて、地球にもやさしいのだとか。

粉末だから間違って飲み込む心配も少なそう!

  • カラダへの刺激が少ない
  • 地球にやさしい
  • 子どもにもやさしい

塩素系漂白剤に比べて、これだけのメリットがあります。

オキシクリーンで食器の漂白をする方法

オキシクリーンの使い方

オキシ漬けのやりかたを簡単に説明すると・・・

  1. 食器をお湯(40〜60度)でつけおきする
  2. オキシクリーンを入れる
  3. 20分以上放置(つけおき効果は最大6時間)
  4. 洗い流して終了

塩素系漂白剤とあまり変わりません。

違うことといえば、お湯でつけおきすること
ここがオキシクリーンの効果を最大限に発揮するためにも、重要です!

オキシクリーン前後で汚れを比較

実際に、わが家にあった食器でオキシクリーンの効果を試してみました。

マグカップ

まずはマグカップ。

オキシクリーン前

オキシクリーンでコーヒーの渋を漂白

▲ コーヒーの着色が…

マグカップの内側にコーヒーの汚れが付着しています。
食器洗剤でこすっても落ちませんでした。

オキシクリーン後

オキシクリーンで綺麗になった

▲ オキシクリーンで漂白後、キレイになった!

オキシクリーン後、キレイになったのがわかりますね。

まだうっすら茶色が残っているものの、気にならないくらいには汚れが落ちてくれました。

ティーポット

続いて、コーヒーを淹れるのにいつも使っているティーポット。

オキシクリーン前

ティーポッドにもコーヒーの渋が

▲ ティーポットにもコーヒーの渋が…

底にこれまたコーヒーの着色がついてしまっています。

オキシクリーン後

ティーポッドもオキシクリーンでキレイに

▲ ティーポットもオキシクリーンでキレイに!

オキシクリーンをしたことで、まっさらな透明に。

ここまでキレイに落ちてくれると、気持ちがいいです。

ティーポットのフタ

最後はティーポットのフタです。

オキシクリーン前

オキシクリーンでフタを掃除

▲ フタの隅々にまで汚れが…

なかなか普段の洗い物では、隅々まで汚れを落とし切れていないのか、隙間にたまってしまっています。

オキシクリーン後

オキシクリーンでフタを掃除

▲ 金具の隙間に付いていた汚れもスッキリ!

オキシ漬け後は、ご覧のとおり。
自分では洗いにくい隅っこも、キレイにしてくれました。

オキシクリーンは1本持っていると頼もしい存在

オキシクリーン

▲ パッケージが派手だったので、無印良品の「入浴剤用詰替ボトル」に詰めかえました

今回は食器の漂白で試してみましたが、オキシクリーンはお風呂・トイレ・シンクの掃除など、いたるところで活躍してくれます

1本持っていると頼もしいですね。

洗剤を何種類ももっていると、収納スペースがその分、必要にもなってしまうので、オキシクリーンに集約してしまうのもいいですね。

わが家もこれからどんどん掃除に使って、1本化していきたいです。

オキシクリーンの購入は2種類から選べる

実はオキシクリーンには2種類あります。

  • 日本版
  • アメリカ製

微妙に違うところがあるので、自分に合ったものを選んでくださいね。

日本版のオキシクリーン

わたしが今回つかったのは、日本版のものです。

オキシクリーン(日本版)の特長

  • 「界面活性剤」が入っていないので、肌や環境に優しい
  • あまり泡立たない
  • 500gから購入できる

どんなものかまずは試してみたかったので、500gから購入できる日本版にしました。

アメリカ製のオキシクリーン

インスタグラムで泡がモコモコした写真を撮影しているかたは、おそらくアメリカ製を使っていると思います。

泡立ちを重視したいかたは、こちらがおすすめです。

オキシクリーン(アメリカ製)の特長

  • 泡立ちやすい
  • 「界面活性剤」が含まれる
  • 約5kgと大容量

自分に合ったものを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(1歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
×閉じる

記事をシェアする

オキシクリーンで食器を漂白。落ちなかった汚れがピカピカに!(写真つき)

Total4share

3,209 views

×閉じる