買って正解!プジョーパリのペッパーミル。香り立つ胡椒はとってもおいしい

プジョーペッパーミル

胡椒(コショウ)ってよく使うんですけど、今までは、すでに粗挽きされたものを使ってました。

でもホールの胡椒粒を買って、ミルで挽くと香りが断然良いと聞いたので、ペッパーミルを導入することに。
車でよく聞く「PEUGEOT(プジョー)」ですが、ペッパーミルの老舗とのことで購入してみました。

これは買って正解ですね!素晴らしいアイテムです。

スポンサーリンク

プジョーパリ ペッパーミル(12cm) チョコレートカラー

購入したのはチョコレートカラーのペッパーミル。

プジョーペッパーミル

▲手のひらサイズでとてもシンプルな良いカタチをしています

テーブルサイズで扱いやすそうな12cmの高さのもの。
できた料理にササッと胡椒をかけるような、そんな使いかたですね。

調味料棚にペッパーミルをおく

調味料の棚に置くと、急に雰囲気が締まります。なんだかこれだけで料理がうまくなった気分です笑

胡椒を入れるところ

▲ネジを外し、丸い頭をとってホールの胡椒粒を入れる

使いかたは簡単で、ホールの胡椒を入れて、あとは回して削るだけです。ガリガリと小気味の良い挽き味。良いですね、使い心地がクセになります。

良い道具って、使っているときの感触が心地よいですよね。このペッパーミルはまさにそう。
パラパラと落ちていく胡椒を見ていると、

もうちょい、挽こうかな

なんて、変な欲が出てきます。

そしてやっぱり、胡椒の香りが良いんです。とても良い。文字通り、香りが立つのがわかります。

そっか、胡椒を挽くとこんなに香りを楽しめるんだ、と新鮮な驚きが。
胡椒の香りがよくて、思わずよだれが出てくるくらい、ぜんぜん違いました。

微妙に違うプジョーの木製ミル3種類

購入する際に戸惑ったのでメモしておきます。ウェブ上で見ていると、このテーブルサイズのプジョーの木製ペッパーミル、ちょっとずつ違う3種類があるんですよ。

もしかしたら他にも種類があるのかもしれませんが、把握できた分だけ3つの違いを書いておきます。

プジョーパリ ペッパーミル

こちらが私が購入したペッパーミル。
「パリ」とつきます。丸い頭、12cmの手のひらサイズ感が見た目の特徴です。

プジョーパリ ユーセレクト ペッパーミル

こちらはパリに「ユーセレクト」と付くもの。
パリとほとんど一緒に見えるかたもいらっしゃると思います。

しかしこちらは、ペッパーミルの底に「調節ダイヤル」がついていて、粗さの調整が細やかにできます。

私の購入したミルでも上のつまみの締め具合で、ある程度の調整ができるようですが「普通か粗いか」くらいの感じです。

プジョークレモン ペッパーミル

こちらは「クレモン」と名前につきます。
頭のかたちが微妙に違います。ちょっと平らになっていますね。

機能や材質はパリと一緒。そして値段はこちらの方が若干リーズナブル。手に入れやすくアップデートされたペッパーミルのようです。

ナチュラルカラーとチョコレートカラーがある

木製ミルは、色が2種類あります。
私が購入したチョコレートカラー以外にも、ナチュラルカラーの「シラキ」があります。

(こちらは粗さの調整ができる、パリ ユーセレクトです。)

3つの種類と、2つの色と、「なんだかいっぱいあるなぁ」と思ってしまいますが、どれも胡椒を挽く機能は同じで申し分ないようですので、

  • 調整機能付き→パリユーセレクト
  • 値段を安く→クレモン
  • あとは、好みの色・カタチ

この3点でご自分に合ったものを選ばれると良いでしょう。私
は丸頭が好きだったのと、値段の間をとってパリにしました。

買ってから3日くらい、なんでも胡椒をかけたくなる

本当、ガリガリと挽くのが心地よくて楽しいので、ペッパーミルを購入して3日くらいは、何にでも胡椒を挽こうとしていました。

パスタを作ってはガリガリ。
お肉を焼いてはガリガリ。
サラダのドレッシングにガリガリ。

使うのが楽しい道具を見つけられるって幸せです。
次はステーキを焼いて、ペッパーミルで胡椒を挽いて食べたいと思っています。

良いものを買いました。

スポンサーリンク
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(1歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
×閉じる

記事をシェアする

買って正解!プジョーパリのペッパーミル。香り立つ胡椒はとってもおいしい

Total3share

×閉じる