めんどうな千切りを解消。ヨシタ手工業デザイン室の研ぎ澄まされた「千切りピーラー」

作り置き料理を始めてから、たびたび登場するようになった野菜の千切り。

料理が苦手な私には、千切りってちょっと面倒な存在です。

スライサーを使えば簡単に千切りができますが、収納場所を取るし、オシャレなデザインのものがなかなか見つからない。
そんななか、収納場所をあまり取らずに済む、シンプルな千切りピーラーを見つけました。

スポンサーリンク

ヨシタ手工業デザイン室の「千切りピーラー」

千切りスライサー

ヨシタ手工業デザイン室の千切りピーラーです。

ステンレス素材で、シンプルな見た目がいいですよね。

千切りピーラー

近づいてみてみると、通常のピーラーと違い、均等に切れ目が入っています。

皮をむくように、千切りができる

ヨシタ手工業デザイン室の千切りピーラー

実際にニンジンで試してみると、簡単に千切りができちゃいました。ピーラーと一緒で、皮をむく感覚で千切りができます

包丁で千切りすると、どうしても大きさ、厚みがバラバラになってしまいますが、これなら包丁使いが上手くない私でも、千切りができることがわかりました。

唯一の弱点は、手元の野菜が小さくなってくると、ピーラーでは扱いにくいことです。
野菜が小さくなってくると誤って手を切ってしまう恐れがあるので、私はほどほどのところで千切りをやめ、野菜スティックとしてそのまま食卓に出してしまうようにしています。

キャベツ・大根・ゴボウも千切りできる

千切りピーラーは、ニンジン以外にも、キャベツ・大根、ゴボウも千切りすることができます。
作り置き料理の代名詞、きんぴらごぼうも、キャロットラペも、ニンジンしりしりも、これなら手軽に作れますね。

ただ、キャベツは慣れるまでサイズがバラバラになりやすいので、少し練習が必要です。

料理が得意な人にはかえって使いにくいかも

料理が一通りでき、千切りも包丁でやってしまう夫に使ってもらいましたが、どうやら夫には向かないようです。

これなら包丁で千切りした方が早い

野菜の皮もピーラーを使わず、包丁でむく夫からしたら、ピーラーの方が扱いが難しいとのことでした。

私のような包丁使いがあまり得意でないかたにこそ、使い勝手がいいアイテムなのかもしれません。
「千切りが苦手」「オシャレなスライサーを探している」「子どもにも料理を手伝ってほしい」というかたに、おすすめしたいキッチンツールです。

スポンサーリンク

記事をシェアする

めんどうな千切りを解消。ヨシタ手工業デザイン室の研ぎ澄まされた「千切りピーラー」

Total50share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
ウェブサイトを運営しながら、仲良く自営する夫婦です。2017年下半期のテーマは、“美しいひきこもり”。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる