40万円安くなった!わが家が実践した節約術

野田琺瑯と悩んだけど、富士ホーローの味噌入れに決めた!その理由は?

富士琺瑯の味噌ポット

わが家は現在、琺瑯(ホーロー)ブームの真っ只中。

先日、ケトルと、米びつを野田琺瑯で購入しましたが、今回は味噌入れも琺瑯にしてみました。

スポンサーリンク

味噌入れは「富士琺瑯」に

購入するにあたって、2つ候補があがりました。


野田琺瑯


富士ホーロー

野田琺瑯製品を、ここまで2つ買ったので揃えて購入しようかと思っていたのですが、妻からひとこと。

富士ホーローは、味噌パックがそのままはいるらしいよ

調べてみると、なるほど、富士ホーローの味噌入れは少し大きめに作られており、750gまでの味噌パックがすっぽり収納できるのですね。便利。(容量は1.2L)

シルエットを見ると、個人的には野田琺瑯の方が、こう、惹かれるものがある気がするんですけど、パックごと入れられる手軽さは捨てがたい..。

富士ホーローにしてみました。

味噌パックがすっぽり入る容量が嬉しい

実際に現在つかっている富士ホーローの味噌ポットがこちら。

意外と良いかたち

届いてみると、「あぁ、結構、これはこれで素敵な形」と思いました。
ぷっくりしていて、安定した感じのポット。

味噌パックもぴったり入る

味噌パックも、本当にすっぽり入るサイズ。

ちょっと縁に余裕

味噌パック(700g)を買ってきて入れた様子。ちょっと縁が余るくらい余裕です。汚れを気にしないでも済むし、これは便利ですね。

密封蓋

かなりしっかりした、密封蓋がついています。パッキンって使っていくうちにへたりや、消耗が気になってくるので丈夫に作られているのは嬉しいですね。

密封できるので、味噌が固まらず、常に柔らかい状態で使えるのも、富士ホーローのいいところです。

唯一、気になる点はフタに味噌がつくこと

唯一、ちょっと気になった点は、味噌が満タンなうちはフタに味噌がつきます。

味噌を買い換えたらつかなかったので、パックによりそうですが…

まぁでも、気になるのはそれくらい。

今まで、味噌パックをそのまま入れていたので、冷蔵庫がシンプルになって、気に入って使っています。

シェアする
閉じる