贅沢に味わいたい、松坂牛の生ハム

結婚式で引き出物カタログをいただくことがあります。

私は小物だとか、食器だとか、「物品」を注文するのが好きなのですが、式に参列するほど、家に物が増えていくのも事実。
せっかくいただくものを使わないのは勿体ないですね。

このあいだ方針を変え、ある「食べ物」を注文しました。

松坂牛の生ハム

パッケージの時点で美味しそうですね。松坂牛の生ハムです。

これが非常に美味しかったです。

スポンサーリンク

肉のスギモト、松坂牛の生ハム

密封パックに入っている

スギモトは、明治33年(西暦1900年)創業のお肉の会社。110年以上、食肉ひとすじの会社だそうです。

契約農場との取引を中心に、松坂牛は全国で最高品位の取扱い高を誇ります

口に入れると、とろける生ハム

皿に盛られた松坂牛の生ハム

そんな肉のスギモトがつくった松阪牛の生ハム。
生ハムとはいえ、豊かな霜降りが目をひきます。

皿に盛られた松坂牛の生ハム

肉の照りが生ハムとは思えない贅沢さ。とっても美味しそうです。

松坂牛の生ハムを食べる

一枚とってみます。食欲をそそる牛肉の香り。
生でいける焼肉を食べるような気持ちになってきました。牛だからでしょうか。

松坂牛の生ハムを口に入れてみると、見事、口のなかで「ホワン」と、とろけました。これは贅沢な気分!

もう一回食べてみる

さすが松坂牛。食べるたびに、口の中できちんと脂がとけていきます。牛の風味と生ハムの食感も合っていますね。

素晴らしい美味しさです。
生ハムなのに舌の上でとろける感じがたまりませんね。

かなり脂が豊かですので、香りのある野菜と合わせて食べたり、重めの赤ワインに合わせたりが良さそうです。
胡椒も効いているのでビール好きの人でも合うでしょうね。

ちょっと贅沢な気分のときに

今回、私が引き出物でいただいたように、贈りものに選んだり、自分たちでも、ちょっと贅沢にいきたいな、という気分のときに、松坂牛の生ハムはぴったりです。

普段とは違った生ハムがとても嬉しい一品でした。

スポンサーリンク

記事をシェアする

贅沢に味わいたい、松坂牛の生ハム

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
ウェブサイトを運営しながら、仲良く自営する夫婦です。2017年下半期のテーマは、“美しいひきこもり”。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる