お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

老後の住まいを考える「老後の自立は小さい家から」

最近よんで、面白かった書籍。

老後の住まい:老後の自立は小さい家から』は60代の親世代はもちろん、これからマイホームを建てようと思っている子育て世代も読んでおくと勉強になる1冊です。

スポンサーリンク

マイホームが「終の棲家」になる人は少数

マイホームを「終の棲家」と考えて建てるかたは多いですよね。

しかし、筆者の長野さんいわく、「死ぬまで自宅で過ごせる人は本当にまれ」とのこと。

多くの方は、施設に入居するか、遠くに住む子どもと中途同居したりします。
それも1回ではなく、施設を転居したりと、住み替えは数回に及ぶことが多いそう。

老後の理想の住まいは「小さい家」

長野さんからの提案は、こうです。

「広い郊外の家→介護施設」が主流の老後を、「広い郊外の家→便利で小さい家→介護施設」とワンステップ入れることです。

60代のまだ動けるうちに、住まいを小さくすることで、こんなメリットがあります。

  1. 何にでも手が届く
  2. 掃除や管理がラク
  3. 身軽になる
  4. 光熱費が安くなる
  5. 人の手を借りやすい
  6. 買っても借りても安い

子育て世代が家を建てるとなると、ある程度の広さが必要になるので、郊外にお家を建てるかたが多いです。

ただそうすると、老後は交通の便が悪く、管理も大変…。

考えてみたらわたしの実家がまさにこのケースで。
家は郊外。父は病に倒れ入院中。現在は5LDKの家に母が一人で住んでいます。

まだ母が活発だからいいものの、これから10年、20年を思うと、車移動がメインの現在の生活を見直す必要がありそうです。

「便利で小さい家」とは?

長野さんが考える、理想的な家はこちら。

  • 徒歩圏内に暮らせる便利な場所の「小さい家」
  • 1人なら20〜30平米
  • 2人なら50〜65平米

ただ現実問題、築古の郊外の家を売って、その金額で便利な場所の小さな家が買える(または賃貸で借り続けられる)かどうか、それは人にもよりそうな気はします…。

うちの実家がそんな高値で買ってもらえるとは思えないし…

寝室にトイレもあるとなお良い
「ベッドにトイレってこと?どういうこと?」と思ったかたもいるかもしれません。これは老いても最期まで生活の質を高くしようとする考え。排泄が自分でできなくなったとき、急激に老いてしまう人は多いです。ベッドからなるべく近い、隣接した場所にトイレを設けることで、最期まで自分で用を足す。家を考える際にトイレのことも、ぜひ踏まえてみてください。

わが家が考える老後の住まい

さて、この本を読んで実家だけでなく、自分たちのマイホームに置き換えても考えてみました。

もともと、わが家は老後に夫婦ふたりで住んでも負担にならない、18坪の平屋(60平米)を選びました。

なので、そのまま住み続けられたら理想は理想ですが…

立地は田舎。
車がないと生活が成り立たない場所です。

そんなこともあって、老後に都心部のマンションに引っ越す可能性も考慮し始めました。

医療や交通のことを考えると老後は都市部っていうのも良さそう

老後の住まい:老後の自立は小さい家からにも書かれていますが、老後は交通の便がとにかく大事。

このまま住むにせよ、老後に便利な場所に引っ越すにせよ、身動きが取りやすいようお金を貯めていかないとだなぁ。

改めて本を読んで感じた次第です。

うん、頑張ろう。

Kindle Unlimitedに加入しているかたは無料で読めるので、ぜひ読んでみてくださいね。

母にも読んでもらいたいので、ぜひ紙の本でも出版してほしいです

シェアする
閉じる