格安simっていいの? IIJmio(みおふぉん)を2年間使った感想をまとめました

格安simにしてよかったこと

ソフトバンクから、格安simのIIJmio(みおふぉん)に変えて、2年が経ちました。

友達に「格安simいいよー」とすすめると、「わたしも検討しているのだけど、使い勝手はどう?」と聞かれる機会が増えてきたので、2年間使ってみた感想をまとめてみることにしました。

これから格安sim、またはIIJmioを検討しているかた向けに書いていきます。

IIJmio(みおふぉん)にしてよかったこと

先に結論を言ってしまうと、格安simにしてよかったです。大正解でした。

「圏外が増えたり、通信速度が遅くなったりするかな」と不安がありましたが今までと変わらず。普通に使えます。

格安simの中でも、わたしが使っているIIJmioについて、よかった点を紹介していきます。

月々の携帯代が2,000円以下になった

わたしの場合、これが一番変えてよかったと思っている点です。

夫婦で格安simを使っているので、月々の携帯電話代は2台で4,000〜5,000円程度に。
(夫はイオンモバイルを使用)

格安simに変えるまでは、それぞれポケットWiFiを契約していたので、月々1万5,000円以上かかっていました。
ザッと計算しただけでも、月1万円の節約になっています。年間にして、12万円

この差はとても大きいですよね。

「月々の携帯代を安くしたい」というかたは、格安simに乗り換えることで、毎月大きな節約になるかもしれません。

余ったデータ量を繰り越せる

余ったデータ量を繰り越せる

IIJmioは、余ったデータ量を翌月に繰り越すことができます。

もし3Gプランを契約していて、1G余った場合、翌月は4G使えるということです。
これなら余ったデータ量もムダになりません。

私は家にいることが多く、毎月3Gも使いきれないので、翌月に繰り越せるのは有り難いです。

ドコモ/au回線を選べる

格安simは契約する会社によって、回線がドコモ、またはauのどちらかを使っています。

でもIIJmioの場合は、ドコモとauのどちらの回線(プラン)も選ぶことができるのです。
自分が住んでいるエリアの電波状況によって、回線を選べるという利点があります。

また通信速度も気にならなず、それぞれのキャリア(ドコモやau)と同じスピードで通信が可能です。

simフリー端末で使える

格安simを選んだ理由の一つに、「海外旅行では海外用のsimを使いたい」と考えていました。

どうしてもドコモなどのキャリア契約では、ドコモの海外用プランを組まなければいけなかったりします。そうすると、とても高額で・・・。

simフリー端末であれば、海外でsimカードを手に入れれば、そのまま通信ができるので、海外でも安く通信することができます。
そのために、simフリー端末が使える格安simに魅力を感じました。

窓口で対応してくれる

先日、スマホがsimカードを認識しなくなるトラブルが発生しました。
そこで、急遽、IIJmioの窓口があるビックカメラへ。

窓口では、スマホが原因なのか、simカードが原因なのか、調べてもらうことができました。

結果は、スマホの故障で新しく買い替えが必要になりましたが、窓口があったおかげで原因を突き止められてよかったです。自分だけではきっと解決できなかったはず…。

会社によっては、窓口を用意しておらず、すべてネットでしか対応していない会社もあるので、窓口のありがたみを知りました。

IIJmio(みおふぉん)のちょっと不便なところ

格安simっていいの? IIJmio(みおふぉん)を2年間使った感想をまとめました

今度は「ここがもっと改善されたらなぁ」という、ちょっと不便な点をあげてみました。

キャリアメールが使えない

格安simの場合、「@docomo.ne.jp」のようなキャリア用のアドレスが使えません。

最近は連絡のやりとりがLINEやパソコンメールがほとんどなので困ることはありませんが、今までキャリアメールをメインに使っていた人からすると、乗り換えるのに手間がかかるかもしれません。

プラン内に無料通話が含まれない

キャリアであればプラン内に無料通話分も含まれていることがありますが、格安simではそのようなことはありません。

無料通話はありませんが、会社によって「かけ放題プラン」が用意されています。

lljmioのかけ放題プラン
例えば、IIJmioであれば、2種類のかけ放題プランがあります。

  • 月額830円プラン(家族であれば30分、誰とでも10分無料)
  • 月額600円プラン(家族であれば10分、誰とでも3分無料)

よく電話をするかたは、かけ放題プランを追加することで、より携帯電話代が安くなるかもしれませんね。

窓口が少ない

先ほど「窓口があってトラブルを回避できた」とお伝えしましたが、窓口の数でいえば、キャリア会社よりもとても少ないです。

契約する際は、一度、家の近くに窓口があるか調べておくことをおすすめします。

まとめ

IIJmioを2年間使って感じてよかったこと、不便だったことをあげてみましたが、総じて、わたしはIIJmioにしてよかったです。

2年間あのままキャリア契約を続けていたら、24万円も多く、携帯電話代がかかっていたことになるんですよね。

毎月の携帯電話代の支払いが大変なかたは、早めに脱キャリアをして、格安simに乗り換えることで、家計が少しでも助かるのではないかなと思います。

関連音声通話付き3Gプランが1,600円〜「IIJmio(みおふぉん)」のお申し込みはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事を書いたひと

ピノ子記事数 62本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。

後回しにしているお買い物はありませんか?