40万円安くなった!わが家が実践した節約術

小さな家に住んだら暮らしがすっきりした

小さく暮らす

2LDK(60㎡)から、1LDK(40㎡)の部屋へ引っ越してシンプル暮らし。現在は子どもが生まれ、3DK(50㎡)へ再引っ越し

もし自分が今より小さい家に引っ越すとしたら、どうなると思いますか?

モノがしまいきれない…

狭くて窮屈で、居心地悪い…

実際は反対でした。

小さな家に住むことによって、私たちは暮らしがすっきりして、快適になりました。

今回はそのことについて書いてみます。

スポンサーリンク

広いのに散らかった新婚夫婦の部屋

新婚時の部屋

結婚したばかりの部屋の様子。今より広くて家賃も高いのに、なんか…

小さな家に興味を持つ前は、「家は広いに越したことはない」と考えていました。

今から5年前の結婚当初、借りた部屋は2LDKに小さなサービスルーム付きの2SLDKという間取り。

平米数でいえば60㎡ちょっとと、ゆったりめの部屋でした。

一人一部屋で安心♪

リビングも広くて快適♪

そう思っていたのもつかの間。

  • スペースが余ってしまう
  • 余計にモノを買ってしまう
  • 洗濯物を部屋に干しっぱなし
  • 不用品が捨てられない

部屋を使いきれず、スペースが余り、そこを不用品たちが占拠するようになっていました。

収納スペースもたくさんあったので、収納について考えることもなく。

結果的に、モノが増える一方の生活を送っていました…。

小さな家に引っ越したら快適だった

2LDK暮らしは正直、快適な暮らしではありませんでした。

ひとまわり小さな家に引っ越してみない?

自営業になり家賃も下げたかった私たちは、思い切って1LDKの家へ引っ越してみました。

すると…。

あら快適!?

なんと小さな家に引っ越してみたら、予想外に良いことづくめ。

  • 家賃が下がった
  • 掃除がラク
  • モノを持たなくなった(買わなくなった)
  • 部屋を常に片付けるようになった

部屋が狭くなって不便になるかと思ったら、その逆。

暮らしが簡潔になり、快適になったのです。

スペースが限られているから、余計なモノを買わない。
スペースがないから、洗濯物もすぐにしまう。
スペースが小さいから、普段の掃除がサッと終わる。

気づけば家の雰囲気もシンプリスト・ミニマリストのようなすっきりした感じに。

小さいって快適だったんだ

小さい家、予想外に素晴らしい!

小さくすることで”身軽さ”を手に入れる

せまい家 = モノで溢れかえって窮屈

普通はこういうイメージを持つでしょう。

でも、実際は「せまい家をあえて選ぶこと」で、身軽になっていくことも多いのです。

小さな家にすることで…。

  • 住宅費が減る → 駅近に住める、ムリに稼がなくて良い
  • ローンが減る → 心配事が減る
  • 片付け、掃除がラク → 時間が増える
  • 家族と顔をあわせる頻度が上がる → 家族を近くに感じられる
  • 子どもが独立したあと広すぎない → 家の管理がラク

経済的、精神的、時間的に、身軽さを手に入れることができます。

小さい家の良い側面に共感できる人は、思い切ってひとまわり小さな家へ引っ越すと、生活が劇的によくなるかもしれません。

わたしたちは、いまの小さな家での生活が気に入っています

可能な限り、小さな暮らしを続けていきたいです

シェアする
閉じる