小さな暮らしをしたい。気になる「スモールハウス」をまとめてみました

大自然の中に小さな家を建てて暮らす。

いい響きですね!
そんな生き方に憧れる、みなみひげです。
ここ数年でウェブに取り上げられることが多くなってきた「スモールハウス」。

オシャレでミニマル。
生活に最低限の機能しか持たない代わりに、シンプルで無駄のない暮らしのきっかけになります。

値段ももちろん、通常の家よりは抑えめ。シンプルライフをしてみたいかたには魅力的な家です。

YADOKARI|スモールハウス/小屋/コンテナハウス/タイニーハウスからこれからの豊かさを考え、実践するメディア。
YADOKARIは、スモールハウス/小屋/コンテナハウス/タイニーハウス/ミニマルライフ/多拠点居住を通じ、暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。

こちらのサイトでは、未来の豊かな住まい方の視点でミニマルライフ・多拠点居住・スモールハウス・モバイルハウスの情報が取り上げられており、非常に興味深い情報が並んでいます。

これから、こういった暮らし方も、たくさんの人が選択するようになるのでしょうか?

今回は、私が最近気になっているスモールハウスをまとめてご紹介します。

気になる!スモールハウスたち

無印良品の小屋

無印良品の小屋

画像:無印良品の小屋 | 無印良品 ウェブサイトのスクリーンショット

あの無印良品から販売されている、ミニマルなスモールハウス。

無印良品の小屋」というシンプルな名前が無印らしいです。

広さ3坪弱(約9.1平米)、とても小さくシンプルなつくりの小屋ですが、最大で4名が楽しめるそう。

気に入った場所でくらす」をコンセプトで謳う通り、小さな土地面積でも建てることができ、週末、都会の喧騒を離れて自然と共に過ごすにはうってつけの小屋です。

小屋とはいえ、非常にクオリティの高いデザイン。
そこはやはり無印良品の素晴らしさですね。

無印良品の小屋の詳細をみる

Inspiration

先ほどご紹介したYADOKARIが提唱するスモールハウス。

250万円で家を買う」のコンセプト通り、キッチン、トイレ、シャワーなど生活に必要な機能は備えつつも、コンテナハウスのような小さくスタイリッシュな住宅となっています。

この住宅なら文字通りのシンプル・ミニマルライフが実現できそうです。

INSPIRATIONの詳細をみる

丸腰の家

丸腰の家

引用:丸腰不動産|MARUGOSHI より

名前からしてユニークな丸腰の家。
コンセプトもサイトも素晴らしくオシャレです。

一人に対して、狭くも感じず、広すぎもしないマイクロハウスの提案だそう。こんな家を持ってみたい!なんて思わず考えてしまう小さな家は、6畳(約3.3坪・10平米ちょっと)の床面積で、128万円(九州圏内価格)。

カスタマイズも可能だそうです。

丸腰の家の詳細をみる

エアロハウス

エアロハウス

引用:エアロハウスD.D. 村井正 | Facebookより

建築家 村井正さん主催のソーラーデザイン研究所が作り出した家、「エアロハウス」。

コンテナハウスのようにユニットをつなげることで、家の大きさ・広さを調整します。また、土台を高くもできる自由度の高いシンプルな構造。

レッカーなどを用いて移動する使い方まで想定している作り。
東北の震災の時はその機動力もあって、被災地で役立てられたそうです。

家は木造ですが頑丈で、傾斜地でも建てやすいらしく、寒冷地や別荘利用にも向いているのだとか。

エアロハウスの詳細をみる

ウッディーベアーミニハウス

ウッディベアーミニハウス

引用:ウッディベアー ミニハウスより

アメリカンな木造の可愛らしい住宅。
女性とかこんな家持ってたら夢が広がるでしょうねぇ。

住宅というより、店舗や事務所として使うのには良さそうです。個人のお店なんか、こういのだったら雑誌にでも載れちゃいそうです。

ちなみにサイトを見ていたら、実際に小さな雑貨屋さんとして建てている事例もあるようです。

ウッディベアーミニハウスの詳細をみる

ヒロ建工 58ハウス

58HOUSE

引用:58 HOUSE | 小屋市場 | SuMiKaより

「大人の秘密基地」をテーマに、埼玉の入間市にある会社が作った小屋のパッケージだそうです。
こちらに案内のPDFがありました。

スタイルも遊び心があってオシャレだし、170万円という価格帯も大人には魅力。
母屋として生活するのは、さすがに想定できませんが、小さなセカンドハウスと考えるといいですよね。

“何”を”どう”営むか

土地を確保して、インフラを作って、家を建てて、、そう考えると予算にばかり頭がいきがちですが、いざ実現したらその家・場所で「どんな営みをしたいのか(できるのか)」も、考えるべき非常に大切なことです。

リトルグリークキッチン

たとえば伊計島にあるLittle Greek KITCHENは、コンテナハウスを店舗にして、オーナーの女性がギリシャ料理のお店をしています。

大き過ぎず、手が行き届くスモールハウスは、自分自身の個の力を発揮するのに適しているかもしれません。

仕事をするのか、週末生活を楽しむのか、趣味のために使うか、本気で実生活を小屋に移すのか…。

建物に対して使い道を踏まえると色々と可能性が広がってきますよね。

今まであった家の形とちがうならば、少なからず不便な部分、足りない部分と、工夫しながら向き合うことになります。

新しい魅力も問題も、一緒に楽しめるような営みをきちんと用意しておきたいですね。

固定資産税がかからない..はウソ?

よく、スモールハウスの魅力のなかに「固定資産税がかからない」なんてワードが紛れていたりするようですが、さすがにそれはまゆつばもののようです。

スモールハウスは、固定資産税がかからないって本当ですか?
スモールハウスは、固定資産税がかからないって本当ですか?

こちら専門業者のかたに質問されているページもありますが、基本的には物置や小屋のようなサイズのものでも課税対象。行政の担当者が調査を行い、対象となれば翌年から固定資産税が課税されるそうです。

実生活とシンクロした夢を描く

なんにしたって小さくとも住まい。

個人個人によって制約も、また使いかたの可能性もさまざまなところがスモールハウスの魅力ですね。

言葉どおり「ハコモノ」趣味にならないためにも、実生活とシンクロした夢を描けるよう、私も日々、思いを巡らせています。

最近の愛読書

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事を書いたひと

みなみのひげ記事数 67本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。

後回しにしているお買い物はありませんか?