お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

「子ども服、ブランドで揃えてます?」と聞かれたけどバザーです

子供服

ある日、児童センターで、こんなことを言ってもらいました。

「まめ太くんの服、いつもシンプルで素敵ですね〜。子ども服、ブランドで揃えてるんですか?」

しかし、そのときにわが子が着ていた服が全身、バザーでもらったやつ

えっとー…ブランドとかは意識して、ない…ですね…

正直にバザーと言えず笑
そそくさと話を切り上げました。

スポンサーリンク

シンプルを選ぶことでバザーの服でも品良く見える?

夫にこのことを報告したところ。

お、もうけもんだね

平和な意見。
まぁたしかに。

洋服にこだわっているように思ってくれたなんてね

バザーでもらう服って、基本的には外で遊ぶ用の汚れてもいいお下がりですからね。

でも確かに、一応、わが家としては選ぶ基準があって。

  • なるべくシンプルなもの
  • どの服にも合わせやすいもの
  • 柄は少なめ(本人が欲しがった場合は柄もOK)

ベーシックな着回しがしやすい衣類をもらうようにしていました。大人の服装と同じ感覚で選んでるってことです。

子ども服って油断禁物。
「小さいから」と、気づけばクローゼットを圧迫する代名詞的な存在です

着回しでなるべく少なく済むように工夫はしてました。

ちなみにこんな感じの格好が多いです。

最近は柄物を好み出したので、派手になってきました

意外とバザーにブランド服もある

あとバザー出品だからといって、すべてがすべて中古のみすぼらしい服とは限りません。

最近はバザーに出す服も「誰かに行き渡るから」とキレイな状態で提供してくださるかたもたくさんいます。

ブランド服もふつうにあります。
地域にいきわたる(=身近な人々に服が共有される)と考えると、わが家もたしかにサイズアウトした状態の良い服や靴をバザーに出品することも多いです。

×バザーだから質が悪い
○バザーでも良い服が集まる

新品・中古をうまく織り交ぜて

家計の観点からいっても子ども服をうまくセーブするノウハウは大切です。

関連子どもにかかるお金の節約術

こちらの記事でも書きましたが、親はつい「子どもへの愛=金額」と捉えてしまい、節約をやめてしまいがち。

本来は子どもがよりよく生きることこそ大事
「子どもにたくさんお金を使う」ではなく、家計とバランスを取りながら、大事なことは何かをうまく見つけて、「お金のアクセル・ブレーキをコントロールする」ってことが大切なのです。

新品じゃなきゃかわいそう

なんて固いことは言わず。
バザーの服や中古の靴なんかも取り入れて(もちろん、新品も買ってOK)。

わが子が快適に生活できるようにしつつ、収納や節約にもひと役買えるような服選びができるといいな、と考えています。

シェアする
閉じる