40万円安くなった!わが家が実践した節約術

ゴミ箱は家の中に1つ。ベランダに2つ。わが家のゴミ箱事情

家のなかにゴミ箱は1つだけ

結婚した当初は、キッチン・リビング、寝室・・・といったかんじに、ゴミ箱を各部屋に置いていました。

でも、いまは家の中にあるゴミ箱は1つだけ
それと、ベランダのゴミ箱2つ。合計3つを使っています。

はじめてゴミ箱を減らしたときは、「不便になるかな?」と心配でしたが、意外とメリットだらけ。

50平米くらいの小さな家なら、ゴミ箱が室内に1つでもそんなに気になりませんでした。

スポンサーリンク

わが家のゴミ箱事情

ゴミの捨てかたは、下記のような感じです。

ゴミ箱は3つ

  • ダイニング横のゴミ箱
    燃えるゴミを捨てる
  • ベランダのゴミ箱A
    生ゴミ・オムツを入れる
  • ベランダのゴミ箱B
    燃えないゴミ・ペットボトル・缶などを入れる

室内にゴミ箱を1つだけにしてわかったメリット

ゴミ捨てがカンタン

一番のメリットは、なんといっても、ゴミ捨てがラクなことです。

燃えるゴミの日になったら、ゴミ箱から袋を外して、ベランダのゴミを回収すればいいだけ
各部屋のゴミ箱をまわらないので、ラクになりました。

生ゴミ・オムツが臭わない

臭いがでるゴミは、ベランダのゴミ箱へ。

おかげでゴミ箱をあけても臭くなく、不快感がないです。

「室内にもう1つゴミ箱を増やそうかな?」と考えたこともありましたが、臭いがでるものはいっそのこと、外に出した方が気持ちがいいですね。

部屋がスッキリみえる

3DKの作業室

ゴミ箱はオシャレなものを使っても、置かないに越したことはありません。
なんせ、ゴミを捨てるものですしね。

それぞれの部屋にゴミ箱を置かない分、部屋がスッキリ見えるようになりました。

掃除がラクチン

マキタの掃除機は軽い

掃除機をかけるときに、床にモノがあると、ズボラなわたしには邪魔なんですよね。

1つ1つどけて、掃除機をかける。
これが結構手間で・・・

ゴミ箱が減った分、この動作が少なく済んでいます。

ワンフロアならゴミ箱が1つでもいけるかも

ベランダにもゴミ箱を置くことが前提ではありますが、ワンフロアであれば室内のゴミ箱は1つでも大丈夫な気がしてきました。

とくにわが家のような小さな家であれば、ゴミ箱へのアクセスがどこからでも近いので、いまのところ不便していません。

ワンフロアでも80平米くらい広くなってくると話は別かもしれませんが…。

ひとまずわが家はこのスタイルでやっていきます。

シェアする
閉じる