【実家の片付け1】食器の山が危ない。しまいやすさを意識してスッキリ収納しました

実家へ帰省すると、モノが多くて気になってしまいます。

20年も同じところに住んでいるのでムリもないけど…

とくに食器が多すぎて、食器を食器棚に戻すときに、毎回ヒヤヒヤしてしまいます。

そこで、食器の山が雪崩を起こす前に、収納を見直してみることにしました。

スポンサーリンク

食器の山をなだらかな平地に収納してみる

【整理前】食器の山が危ない…

実家の食器棚整理前

▲ 食器が山積みになっていて危ない

わたしが一番ヒヤヒヤしたスペースです。

食器棚の下(足元)にあるスペースとはいえ、崩れてきたら危ない…

【整理後】食器を減らして、同じ形で重ねる

実家の食器棚の整理後

▲ 食器を減らして取り出しやすく収納

整理したあとがこちら。

取り出しやすいように、洗い物後に収納しやすいように、同じサイズ・形で重ねて収納することを意識しました。

食器がこれだけ少なくなれば、収納する場所に迷うこともなくなりそうです。

実家の断捨離は少しずつ進めるのが良さそう

本当はもっと食器をなくしたいところですが、実家の断捨離は少しずつ進めています。

というのも、単純に時間が足りないってこともそうなのですが(短期の帰省中におこなっているため)、捨てても大丈夫ってことを母に伝えるためです。

いままでモノを溜め込んできた母には、一気に捨てるってことがとても心配で不安みたいです。

負担がない程度に、少しずつ。
「ほら、手放してもなにも支障がないから大丈夫だよ」と実感してもらい、また少し手放す。

それを繰り返すことで、少しずつ実家を片付いていけたらいいなぁ。

今回はブログ掲載に協力してくれた母に感謝。
これからゆっくーり実家の片付けプロジェクトを始動していきます

食器は宅配買取でまとめて処分

食器を手放したいかたは、まとめてダンボールにつめるだけで買い取りしてくれる、宅配買取「福ちゃんが便利ですよ。

「宅配は割れてしまわないか心配…」というかたは出張買取もあるので、相談してみてくださいね。

関連査定・キャンセル無料!食器の宅配買取「福ちゃん」の詳細はこちら

スポンサーリンク
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(1歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
×閉じる

記事をシェアする

【実家の片付け1】食器の山が危ない。しまいやすさを意識してスッキリ収納しました

Total2share

×閉じる