段取り上手に、素敵に暮らす。すっきり家事にオススメの本『家事の時間割』

家事の時間割

段取り上手な女性10名が、暮らしのなかで家事を効率よく回す工夫を紹介しているムック本、『家事の時間割』。

見ていて気持ちの良い写真と誌面デザイン。
ページをめくるのも心地よいです。

書籍では、10名それぞれの「24時間」を辿りつつ、多忙な毎日を、ゆったりとした余裕を持って過ごすコツを学ぶことができます。

今回は、こちらの書籍で紹介されている女性たちが、「段取りよく、素敵に暮らすために行っていること」の共通点をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

家事の”時間割”を意識して、すっきりと暮らす。10名の女性に共通する素敵な工夫

10名の方々の「自分なりの時間割」の工夫を眺めていると、いくつもの共通することがありました。個人的に、素敵だな、と思ったところをまとめてみます。

01家事の”準備”こそ工夫

段取り上手なかたの多くは、「前準備」を工夫していました。

家事を効率よくやろうとすると、家事の手順だったり、スピードだったり、そういったものに目が行きがちですがなんですね。

  • 外出用のコーディネートは事前に3日分決めておく
    外出前の気ぜわしさがなくなる
  • 食事を作るとき、“次の分”も少し用意しておく
    朝ごはんやお弁当の準備が楽に
  • 朝食・昼食を作るときに、“夕食の下ごしらえ”もする
    漬け込みなど、時間がかかる料理も気楽にできる

他にも、年末年始に掃除をするような場所(キッチンの換気口など)を、あえて毎日、ちょっとだけ掃除しておくなんてものもありました。

やることは魔法のように減りませんが、事前準備を工夫することで作業が効率化され、時間の余裕ができるんですね。

02やることは、”頭の外”で管理

家事は普通、頭の中で色々と考えながら進めますが、段取り上手なかたはこちらも

やることは「頭の外」に出して管理していました。

  • 1週間のやることを「A4の紙1枚にメモ」しておく
  • 外出はやることをルート順にメモして、それ通りに進める
  • 献立は3日分、先に決めてメモ。材料はそれ通りに買う

人は何かを決めるときには“手”を動かせないのだそうです。
やることは頭の外に出してしまう方が、手を動かすには理にかなっているんですね。

ポイント

※メモは、スマートフォンのアプリを活用する手があると思いますが、誌面に載っているみなさんは、紙ベースで管理されるかたが多かったです。「スマホのダラ見」を防ぐため?

目の前のことに集中すれば、速く家事を進められる

とても素敵な工夫だな、と思います。

03自分の”できないこと”を把握

個人的にはこれが一番、素敵だな、と思いました。

段取り上手な10名のかたは、それぞれにみんな自分のできないこと苦手なことをよく知っているんですね。

普通、自分のできないことや苦手なことって、向き合いたくないので無視したり、ムリに頑張ったりするものですが、10名の方々は、それぞれに自然体。

  • 外出予定が変わりやすい生活なので、洗濯は常に”室内干し”
    普通なら「やっぱり天日干し」と外干しにこだわるところ、乾きやすい場所とサーキュレーターを工夫して室内干しでもよくした
  • 整理整頓は好きだけど、料理は好きじゃないので楽な方法で
    「料理は頑張らなきゃ」ではなく、夕飯は夫に任せ、日々のメニューはストックレシピを覚えて楽にこなせるようにした
  • テクニックが必要な家事は、プロにお任せして効率化
    「全部やってえらい自分」に惑わされず、Yシャツのアイロンがけ、換気扇の掃除など、プロがいいところはプロに任せた

家事の理想や模範は、もちろんありますが、すべての人がすべて同じような努力で実現できるとは限りません。

現代は、家の事情も、自分自身の得手不得手も、みんなバラバラ。

無関心になるわけでも、向きになるわけでもなく、「できない」家事には、バランスよく対応する。そういう姿はとても素敵だなぁ、と思いました。

まずは「アレコレ考えてしまい手が進まない..」をやめてみようと思った

家事って毎日のことですから、何もしないでいると、自然と溢れ出てくるようにやることが増えてきますよね。

今日は、アレやって、コレやって、あっアッチもやらなきゃだな。そうだコレもだ。どれからやろうかな、あっコレもか…

あっという間に時間ばかりが経ってしまい、「なんで、自分は何もできないんだろう..」なんて悪い循環に陥ってしまいます。

家事の時間割に掲載されている方々は、どの方も、まず「アレコレ考え、モヤモヤするのをやめる」ために工夫している。そんな様子も伺えました。

すごく大事なことですよね。まずは、私もそこからマネしていこうと思います。

日々、たくさんのやることを気持ちよく、スマートに行っていくために、あなたも自分らしい「家事の時間割」、考えてみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

記事をシェアする

段取り上手に、素敵に暮らす。すっきり家事にオススメの本『家事の時間割』

Total5share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる