40万円安くなった!わが家が実践した節約術

大きな広い家が散らかりやすい理由

リビング

「小さな家だけど、モノが少なくてきれい」
「部屋が広く感じるね」

家に遊びに来た人に、そうほめてもらえると、うれしいです。

わが家の場合は、不思議と、小さな家に住んでから部屋を褒められるようになりました

スポンサーリンク

広い家は「やりっぱなし」ができる

結婚した当初に住んでいだ部屋は、2LDK+小部屋のある賃貸マンション。

夫婦2人で住むには広い家だったので、スペースを持て余していました。

その結果…

洗濯物はとりこんだあと、使ってない部屋に干しっぱなし。
いらないものは部屋の隅っこに置きっぱなし。

夫からは、よく「ぱな子」と呼ばれてました

部屋が広いので、掃除も隅々までおこなう気にならず、普段いる範囲を中心にやるだけ。

今の暮らしと比べると、本当に部屋が荒れていた…

小さい家はやりくりが必要

家の中に余裕があると、買い物でもついつい油断して、モノを増やしてしまいがちです。

対して小さな家は、常に余裕がない状態なので、部屋に持ち込めるモノへ、とてもシビアになります。

買い物するときも「これは部屋に置ける?」と、とても慎重になる。
空きスペースがないので、使ったモノをすぐに片付ける。

これが大変でもあるのですが、おかげでキレイな状態が保ちやすいのです。

2LDKから1LDKへ引っ越したことをきっかけに部屋がシンプル・ミニマルになりました

関連わが家がシンプルライフに目覚めたきっかけ(ページ中盤)

「管理できるサイズ感」が大事

「広い・狭い」ではなく、家が自分の身の丈に合っているかが大切なんだと思います。

わが家にはきっと小さな家が、自分たちで管理しきれるサイズだったんだなぁと

「家の中がゴチャゴチャ」
「掃除の手が回らない」

家が散らかっていたらより広い家を求めたくなりますが、もしかしたら、「ひとまわり小さい家」が合っているのかもしれません。

関連小さな家に住んだら暮らしがすっきりした

シェアする
閉じる