引っ越しは断捨離のチャンス!荷造りは4つに分類してモノを見直そう

引っ越しは断捨離のチャンス

わたしがもっとも断捨離がはかどったのは、2LDKの住まいから1LDKに引っ越したときでした。

引っ越しで荷造りするタイミングこそ、家中のモノを見直せる良い機会なのです。

今回は引っ越し荷造りの際に断捨離をはかどらせるため、わたしが実践した4つの仕分け方法をご紹介します。

スポンサーリンク

荷造りするときは4つに分類する

家の中にあるものをすべて、下記の4つに分類させました。

  1. 新居へ持って行くもの
  2. 実家へ送るもの
  3. 買取してもらうもの
  4. 捨てるもの

家の荷造りの際、この4つに分類するとモノを減らすことができ、新居がスッキリとしました。ひとつずつ説明します。

01新居へ持って行くもの

これからも必要なものは、「新居へ持っていくもの」として分類します。

この項目をどれだけ減らすことができるかによって、新居でシンプルな暮らしができるかどうかが決まります

なので、なんでも安易に「新居へ持っていくもの」に分類せず、「本当にこれからも使うのか」をしっかり見極めることが大切です。

02実家へ送るもの

実家にスペースの余裕がある場合は、一時的に預かっておいてほしいものを送るのが有効です。

わたしたちの場合は、新居にコンロがついていたため、いままでの家で使っていたガスコンロを実家に送らせてもらいました。
次の引っ越しまで預かってもらう予定です。

03買取してもらうもの

荷造りしていると、「もう使わないけど、捨てるのがもったいない」というアイテムが出てきます。

その場合は、まとめて買取してくれる宅配買取サービスを利用しましょう。
不用品をダンボールにまとめて自宅から送るだけなので、荷造りの延長で買取してもらうことができます。

宅配買取をしている業者
洋服ブランディア
ブランド品スピード買取.jp
化粧品・香水・美容家電リライフクラブ
書籍・DVDバリューブックス
ビジネス書Vaboo
スマホバイヤーズ
パソコンアローズ
ディズニーグッズGOODS買取ネット

関連不用品を高く売るために私が実践しているコツは?

04捨てるもの

最後は、「いらないし、買取もしてもらえないもの」です。
こちらは、捨てるものに分類して、ゴミの日に捨てましょう。

いままでどのように処分したら良いのかわからず、そのままにしていたモノを処分する良い機会になります。

荷造りしていると、モノの量に驚かされる

荷造りをしていると、
「こんなにモノを持っていたんだ!」
「なんでこんなものをずっとも持っていたんだろう?」
と、自分のモノの量になんども驚かされます。

その勢いでモノを減らす気持ちも高まりますし、家にあるものをすべて見返すので、自分のモノの持ち方について色々な発見があります。

引っ越しの際は、いま一度、自分の持ち物と向き合ってみてくださいね。

宅配買取の体験談レポートをみる

みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(1歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
×閉じる

記事をシェアする

引っ越しは断捨離のチャンス!荷造りは4つに分類してモノを見直そう

Total2share

×閉じる