掃除グッズも見た目にこだわりたい。おすすめしたい無印良品の掃除用品たち

掃除ってめんどくさい。

ついつい、そう思いがちですが、お気に入りのグッズを使うことでやる気が出たりもするものです。

私の場合、大好きな無印良品の掃除グッズを使うようになってから、掃除が楽しくなり、進んでやるようになりました!

今回は、わが家で普段から使っていて、ぜひおすすめしたい無印の掃除グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

無印良品のおすすめ掃除グッズ

ほうき

無印良品のほうき

わが家で一番活躍の出番が多い、ほうき。
1LDKの小さな部屋なので、掃除機ではなく、ほうきでささっと床掃除しています。

掃除機からほうきに変えてから、こんな利点があることがわかりました。

  • コンセントを付け替えなくていい
  • 掃除する時間帯を気にせず使える
  • 小回りがきく
  • 電気代がかからない

広い家であれば掃除機で掃除したほうが早くて楽だと思いますが、小さな家ではほうきが使い勝手がいいです。

ほうきと木製ポール

そしてなにより、私のやる気をあげてくれるのが、この木製ポール。
シュッと伸びた姿が美しいです。

お気に入りの掃除道具こそが、掃除へのモチベーションをあげてくれるのだなと最初に実感したアイテムです。

フローリングモップ

フローリングモップ

木製ポールに付け替えて使える、フローリングモップ。
無印良品のシートを買っても使えますし、ダイソーなどの100円均一のシートでも使えます。

フローリングモップの使い方

挟み込み口がやや固いことだけが、ちょっと欠点です。

フローリングモップ用モップ(水拭き)

フローリングモップ用モップ

「シートではなくて、しっかり水拭きしたい」というときに活躍している、フローリングモップ用モップ。
私は水拭き専用にしましたが、ドライタイプも売っています。

フローリングモップを外す

先ほど紹介したフローリングモップをパカっと外すと、内側がマジックテープのようになっています。

マジックテープでくっつく

そこにモップを取り付けるだけで使える優れものです。新たにグッズを買わずに、用途ごとにアイテムを変更できるのはいいですよね。

掃除し終わったあとは、水洗いして干せば繰り返し使えるのも嬉しいポイントです。

キッチンダスター

無印良品のキッチンダスター

台拭き・雑巾を持たないで済むようになった、キッチンダスター。
ティッシュよりも丈夫で繰り返し使え、タオルよりも早く乾く。そんな優れたアイテムになっています。

キッチンシンク用のフキンとして、テーブル用の台拭きとして。時には掃除用の雑巾として。
洗って繰り返し使えるのも、経済的です。

関連台所フキンはもう卒業。無印良品のキッチンダスターで面倒な洗濯しごとを減らしました

掃除機

無印良品の掃除機

ほうきを手にしてからすっかり出番が減ってしまった、掃除機。
それでも手放さないのはシンプルなデザインが魅力的だからなのだと思います。

お布団を圧縮袋に入れるときや、細かいホコリを掃除したいときに活躍しています。紙パックがいらないで済むのもラクチンで気に入っています。

ミニハンディモップ

無印良品のハンディモップ

最後は、ほこりを絡め取ってくれるミニハンディモップ。
テレビの液晶やテレビ台に乗っかっているほこりを、さっと巻き取ってくれます。

無印良品のマイクロファイバーハンディモップ

使ったあとは外でほこりをはたいてもいいですし、洗うこともできます。棚の横や、テレビ周辺にちょこんと置いておけるので、インテリアの邪魔にならないのも嬉しいです。

掃除用具も、お気に入りのものを

掃除のモチベーションが上がらないかたは、ぜひお気に入りの掃除グッズを探してみてください。

私はそれまでダイソーで買い揃えた蛍光色の派手な掃除グッズを何の考えもなしに使っていましたが、お気に入りの無印アイテムに変えてから明らかにモチベーションを変えることができました。

お気に入りの洋服を着て出かけると気分がいいですよね。
それと同じように、掃除用具もお気に入りを使うと気持ちがいいものです。

アイテムを手にするたびに喜びが感じられ、毎日の掃除が楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

記事をシェアする

掃除グッズも見た目にこだわりたい。おすすめしたい無印良品の掃除用品たち

Total5share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
ウェブサイトを運営しながら、仲良く自営する夫婦です。2017年下半期のテーマは、“美しいひきこもり”。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる