団地の和室リノベにレトロな吊り下げ照明がおすすめ。4,000円なのにとってもオシャレ!

ペンダントライト

リビング部分の照明を吊り下げ式にしようと思い、Amazonでペンダントライトを探していたら良いものを見つけました。

暖色の明かりが素敵な照明。
LEDなので電球も長持ちで、さらに、この手のアイテムにしては値段が3,830円とかなり手頃!

スポンサーリンク

レトロモダンな吊り下げ式照明

吊り下げ照明・ReUdoペンダントライト

リュウド株式会社というところが出している「REUDO LIGHTING PRODUCTS for LED」です。

値段とはウラハラに質感のある素材。
プラスチックや塗装ではなく、真鍮のような金属で、しっかりとレトロモダンな部屋にできます。

LED

電球は60WのLED電球です。
こだわるかたは、この部分はレトロって感じはしないので気になるかもしれません。

ペンダントライト

まぁ実際、設置してしまえば、そこまで気にかかることはないかなぁ、というくらい。

カチッとはめる

電気の取り付け部分はよくある規格ですので、カチッとやるだけで簡単にくつけられます。
取り付け部のカップのなかに、余分なコードを巻き込んで、お好みの長さに調整できますよ。

照明をつける

▲夕方に照明をつけてみた様子

電気をつけるとこんな感じ。
あぁ暖かな光。

LEDだからなのか、電球自体の光が強いのか、暖色灯の割にはハッキリとした明るさです。こう、ボヤッとした癒される灯りにこだわるかたは、ちょっと違和感を覚えるかもしれません。

私はとりあえず暖色にできたので、十分、これで満足しています。

照明の色を3色切り替えできるLED

わが家は妻が白色灯派で、私が暖色灯派なので、灯りを買おうとすると色争いが起きます。

しかし、この照明なら、+250円で、照明を3色切り替えできる電球にすることができます。これはいいと、3色切り替えにしてみました。

暖色

▲基本のカラーは「暖色」

白色

▲蛍光灯的なカラーの「白色」

昼色

▲外にいるような少し青っぽいカラー「昼色」

スイッチをパチパチ押して色の切り替えができます。
3秒以内にスイッチをもう一度押せば色が切り替わります。3秒以上おくと、元の暖色に戻る仕組みです。

基本的には暖色照明で使っています。
暖色だと色が違って見えるので、書面を見たりする必要があるとき、あとは曇りの日の昼間に白色にすることがあります。

昼色はあんまり使わないかな。
使いどころが見つかったら追記します。

和室リノベに便利そうな照明アイテム

ペンダントライト

わが家は現在、築30年の元和室の部屋に住んでいるので、照明のちょっとレトロな雰囲気がとてもよく合います。

天井と壁の間に、木の柱が通ってたりするこの感じと、吊り下げ照明のレトロな感じ。これが団地の和室リノベっぽくて、良い感じ。

団地リノベで、DIYでキッチン作ったりして、この照明を吊り下げたりとかすると、とても似合いそう。
好きですね、こういう雰囲気。落ち着きます。

3000円代でこれが買えるとは。
別の部屋にも買っちゃおうかな。

スポンサーリンク

記事をシェアする

団地の和室リノベにレトロな吊り下げ照明がおすすめ。4,000円なのにとってもオシャレ!

Total3share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳)の3人暮らし。在宅ワーカーで自宅にいる時間が長いので、家で快適に過ごせるよう試行錯誤中。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる