ストッケのベビーチェア「トリップトラップ」を購入。3万円以上もするイスを買おうと決めたワケ

ストッケのハイチェア

▲ 息子(生後7ヶ月)にストッケのトリップトラップを買いました

離乳食を食べさせるハイチェアって、なにがいいんだろう?

離乳食が1日2回になったタイミングで、ハイチェアを検討し、いろいろと探した結果…
わが家はストッケの「トリップトラップ」を購入しました。

なんと、値段は3万円!
わが家の家計でいえば、超高級なイスです。

このページでは、

  • そもそもハイチェアが必要になった理由
  • 定価3万円もするストッケを購入した3つのワケ
  • ストッケを買ってここがよかった!
  • ストッケに座った様子

についてまとめました。

わが家の結論としては、子どものハイチェアは、きちんと良いものを買ったほうがいいです。

ハイチェアをご検討中のかたは参考にしてみてください。

スポンサーリンク

そもそも、ハイチェアが必要になった理由

大人が落ち着いて食事できない!

息子がズリバイをするようになってから、キッチン・ダイニングスペースに来て危ない。

それで、ベビーゲートを設置したのですが…

キッズゲートから泣く

ゲートの内側に大人がいないと、泣きわめいてまぁー大変…。

いつもご飯を急いで食べて、ゲートに戻る。
そんなことをしていて、まったく落ち着いてご飯が食べられていませんでした。

一緒に食卓に座って、ゆっくり食事できたらなぁ

動き回って、離乳食を食べさせにくい!

バンボを抜け出す

ストッケを買うまで離乳食は「バンボ」に座らせて食べさせていました。

最初はバンボでも大人しく食べていてくれたのですが、月齢があがるにつれて、脱出を試みるようになり食事が大変に。

ちょっと、ご飯中だよ!

注意してばかりで時間がかかり、子どもも飽きて完食できない悪循環…。
そろそろちゃんとしたイスに座らせて食べさせようと決めました。

子どものためにも、そろそろちゃんと食事できるイスが必要だな

定価3万円もするストッケを購入した3つのワケ

ハイチェアって買おうと思えば、5,000円くらいで買えます。

でもストッケは・・・

  • イス本体 3万円
  • ベビーセット 7,000円

わぁ高級..。

赤ちゃんの頃から使うとなると、ベビーセットが必要になり、合計4万円近くもするんです。

子ども用のイスで4万って…

大人たちのイスは3000円なのに…

どうしたってわが家の家計を考えたら予算オーバー・・・。

でもストッケのトリップトラップを買ったほうが良いと思ったのは、3つの決め手があったからです。

01子どもが大人になるまで使える

ストッケを購入する人の多くが、「大人になるまで使える」ところに魅力を感じています。わたしもそうでした。

ストッケは子供から大人まで使える

ストッケのサイズ調整

▲ トリップトラップは赤ちゃん(6ヶ月)〜大人まで座れる

ストッケのトリップトラップの調整

▲ 成長に合わせて座板と足のせ板を調整できる

座イスの高さをかなり細かく調整できます。

成長するたびにイスを買い換えなくていいので、使用期間を考えると、むしろ「安上がりだ」と気づきました。

02毎日使うものは、良いものを買ったほうがいい

ストッケに座って離乳食を食べる

これから1日3回、毎日イスで食事をするってことは・・・

1日3回×365日 = 1年間で1,095回!
1,905回×15年 = 中学3年生までに1万6,425回!

中学生になるまでに1万6,000回も座るのね

お昼は給食で使わないにしても1万回は使う。
そう思ったら、「あ、そんなに高い買い物じゃない」と思ったのです。

むしろたくさん使うアイテムなら、良いものを選びたい!

安いものを買って、壊れて…を繰り返すのは避けたかったので、最初からしっかりしたものを選ぶことにしました。
(ストッケは購入後、無料の延長保証すれば7年保証がつきます

03足をついてしっかり噛んで食べられる

ストッケなら足がぶらぶらしない

「足がついた状態で食べること」って、身体にとってとても大切なことのようです。

これはストッケを買うときまで知らなかったのですが、

  • アゴに力が入ってしっかり噛める
  • 食事に集中しやすい
  • 姿勢が安定する

など、足がつくことで得られるメリットは、子どもの発達上、重要なことが多いです。

ストッケのハイローチェアに足がつく

ストッケは生後7ヶ月の息子も、しっかり足が板について座ることができます。

バンボでは落ち着かずにずっと抜け出そうとしていたのに、ストッケでは大人しく座っていられるんですよね。不思議です。

ストッケを買ってここがよかった!

ストっけを買ってから1ヶ月。すぐに良さを感じたことを2つ紹介しますね。

大人しく座ってくれる(大人もゆっくり食事ができる!)

ストッケに大人しく座る

もともと購入のきっかけになった、大人の食事問題はスッキリ解決しました。

ストッケが届いてからは一緒に食卓に座ってくれて、機嫌もよく、とてもおとなしいです。

目線が一緒になって、よく大人の様子がみえるみたい

やっと落ち着いてご飯を食べられるようになりました。

いっしょに座れて、「家族」って感じがするね

夫も喜んでいて、ハイチェアを買って良かったなって思いました。

離乳食をスムーズに食べてくれる

ストッケに座って離乳食を食べる

イスから降りようとすることがないおかげか、食事に集中してくれて、以前よりスムーズに離乳食を食べてくれます。

後半になると飽きてくるのか、ちょっとアチコチを見てしまう感じですが、それでも毎回、きっちり完食!

時短にもなっているし、前みたいに遊んでしまって、途中で食事終わり!みたいなことがなくなりました。

食べこぼしを簡単に拭き取れる

ベビーチェア

子どもって手で食べたり、食べこぼしがすごいじゃないですか。

ストッケの素材はツルツル、スベスベしていて、食べこぼしを拭き取りやすいです。
サッと拭いて終わりです。

よくハイチェアで「ベルト」になっているタイプがありますが、きっとベルトにしていたら掃除が大変だったはず…。

「成長に合わせて座イスを調整できる」など、長い目で見た魅力はおいおい感じられるのかな、と思っています。

ストッケに座ったときの姿勢

これから購入予定のかたが参考になるように、生後7ヶ月の息子が座ったときの様子を載せておきますね。

ストッケの姿勢

ストッケに座った斜め

ストッケのハイローチェアに足がつく

息子はまだ腰がしっかり座っていないこともあって、テーブルに手をついて前かがみになることが多いです。

ストッケなら足がぶらぶらしない

ご飯中も食べ物に貪欲で、前のめり気味(笑)

足がしっかりついていることもあってか、飽きることなく、いつも離乳食を完食してくれて助かります。

子どもの成長に合わせられるイスを選んでよかった!

「食事」がからだをつくるってよくいいますよね。

だからこそ、その食事の基礎となる「イス」もしっかりこだわることにしました。

子どもが離乳食をおいしそうに食べる姿をみると、買ってよかったなーと実感しますよ。

大人もゆっくりご飯を食べられるようになったことだし、いい買い物しました!

ストッケのトリップトラップ はカラーバリエーションが13種類。

インテリアに合わせて選べるので、おうちに合ったものを選んでくださいね。(わが家はナチュラルにしました)

まだうまく座れない赤ちゃんは、転倒を防止するベビーセット(背もたれと、足ガード)が別売りで購入できます。

スポンサーリンク

記事をシェアする

ストッケのベビーチェア「トリップトラップ」を購入。3万円以上もするイスを買おうと決めたワケ

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳)の3人暮らし。在宅ワーカーで自宅にいる時間が長いので、家で快適に過ごせるよう試行錯誤中。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる