家事のお願いも、伝え方が9割

人にお願いごとをするときって、気を使いますよね。
仕事仲間、友だちだと気を使いながらお願いできるけど、夫となるとどうですか?

「私だって忙しいんだから、あなたも掃除くらいしてよ!」

旦那さんにこんなお願いの仕方をしている人は、伝え方が間違っているかもしれません。

伝え方が9割に学ぶ、夫へのお願いの仕方

伝え方が9割2

イエスと言われる伝え方の本「伝え方が9割(2) 」をもとに、夫に断られにくいお願いの仕方を紹介します。

認められたい欲を刺激する伝え方

もし自分がお願いされたときに、手伝う気になるのはどっちですか?

ねぇ、重いんだから荷物くらい持ってよ!

ごめんなさい、荷物が重くて腕が痛くなっちゃったんだけど…

もちろん後者の伝え方ですよね。

人には「認められたい欲」があり、「頼りにされる(期待される)と、その通りの成果を出したくなる」という承認欲求を持っているそうです。

この「認められたい欲」は、「人は期待されると、その通りの成果を出したくなる」という、心理学の「承認欲求」でも説明できます。

引用:伝え方が9割(2)

夫を頼りにすることで、夫の「認められたい欲」を刺激しましょう。

選択の自由を与える伝え方

次は、選択肢を与えるお願いの仕方です。

2つ以上の選択肢があると、人はそこから思わず選んでしまうのです。

引用:伝え方が9割(2)

実際、夫のみなみのひげに試してみたところ、大成功でした。

洗い物とゴミ出し、どっちがいい?

(即答で)ゴミ出し!

さらにこのお願い方法の優れているところは、押し付けられていると感じにくいことだそう。

最終的に相手が選ぶので、相手に「じぶんで選んだ」という意識ができ、押し付けられている感が少なくなる効果があります。

引用:伝え方が9割(2)

押し付けられているように感じた?

ううん。押し付けられるとやる気を失くすから、この伝え方はよかった!

効果覿面です。

チームワーク化する伝え方

最後は、仲間意識を使ったお願いの仕方です。

日曜日は、いっしょに、窓の掃除しない?

「チームワーク化」を使えば、仲間意識が生まれ、面倒な頼みも聞き入れてもらえる。

引用:伝え方が9割(2)

“一緒にやろう”と誘うことで、仲間意識(チームワーク)が生まれるそうです。

「日曜日に窓掃除、よろしく!」よりも、やる気になりますよね。

もっと伝え方を意識して、仲良く生活していきたいです

今回は妻が夫にお願いする目線で紹介しましたが、もちろん夫から妻へお願いするときにも使える方法です。
「伝え方が9割」で紹介している伝え方は、ビジネスシーンや好きな人をデートに誘うときにも役立つものばかり。知っていると知らないとでは、これからの人生で“断られる回数”がまったく違ってきます。

伝え方を学べば、夫婦喧嘩の数も減り、今より仲良く暮らしていけると思うので、「伝え方が9割(2)」で学んだお願いの仕方を忘れずに、仲良く生活していけたらと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事を書いたひと

ピノ子記事数 51本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。

後回しにしているお買い物はありませんか?