なんと!無印良品が楽天市場に登場!

工事中に見つけた後悔ポイント。「窓」の印象って大きかった!

この記事は連載です。今までの話をまだお読みでない方は「海がみえる小さな家#1」よりお読みください。

工事が順調に進んでいるようで、ときどき様子を見に行っています。

見学させてもらうと、「うわー、進んでる」と嬉しくなりますね。

一方、進んでくるとわかってくることもあります。

あれ…思っていたイメージと違う

自分たちのイメージ不足が原因ではありますが、早々に「失敗したかな」という箇所がでてきてしまいました。

スポンサーリンク

「窓」が意外と後悔ポイント

「窓」は場所によって、こだわったところと、そうでないところがあります。

海がみえる景観重視のところだけこだわり、あとは必要最低限でOK!
よほどのことがない限り、そんな失敗がないかな?と気にしていませんでした。

で、「失敗したかな?」と思ったのは、主にこだわらなかったところ

ちゃんとイメージして希望を伝えていなかったのが悪いですね

キッチンの窓枠が大きい

例えば、キッチンの窓。

想像以上に窓枠が太い…

台風対策だからなのかな?

沖縄は台風対策でビル用のサッシを使うからなのか、もともとこういう仕様なのかわかりませんが、窓枠が太い…。

窓が小さい分、窓枠の大きさが目立ってしまっているんです

同じような窓枠でも、大きい窓だと気にならないんですよね。

作業室の窓は窓枠が気にならない

右側の窓はある程度大きさがあるから窓枠も気にならない

キッチンや洗面所といった小さな窓をつけたところだけ、窓枠の割合が大きくなっていて気になりました。

洗面所の窓は小さいから窓枠が目立つ

右手の小さな窓は窓枠が太く見える

窓枠のことまで考えられていたら、窓のサイズを大きくしたり、別の窓の種類も検討できたなぁと後悔しました。

コストカットで妥協した「窓」も気になる

作業室の窓が大きすぎた

天井まで窓を伸ばしたら大きかった

思ったよりも窓がでかくて、落ち着かない

台風大丈夫かな

当初は、もっと高さを抑えた窓でした。

ただ、コストカットを余儀なくして、コンクリートの壁よりもはめ込み窓の方が安いことを知って、天井まで窓に変更。

その結果、大きすぎて台風で割れないか不安だし、なんだか落ち着かない…。

きっと住んだらまた印象が良い方向に変わるのかもしれませんが、現時点ではちょっと後悔ぎみ。

予算も限られていた中で100%満足な家は難しいとは思っていましが、ほんと家づくりって難しい!

キッチンからの眺め

【マイホーム検討中のかたへ】
私たちの家づくり体験談まとめ

沖縄で小さな家を建てた私たち。5年に渡る実際の家づくり経験をもとに、沖縄での家づくりノウハウをnoteへまとめています。

私たちの家づくり|note

関連海がみえる小さな家の記事一覧をみる
シェアする
閉じる