1LDK(40平米)に夫婦+赤ちゃんで暮らせるの?わが家の間取りで考えてみました

現在、1LDK(40平米)の賃貸に夫婦2人で住んでいます。
2人とも在宅ワーカーなので、自宅兼、オフィス。

それでも、夫婦2人暮らしの頃は、1LDKで十分な広さで、快適でした。

しかし、現在、私が妊娠しており、これから出産を控えたときに、1LDKの広さで、赤ちゃんを育てることができるのかちょっと心配…。

そこで赤ちゃんスペースを確保することができるのか、考えてみました。

わが家の間取り(1LDK)

1LDK賃貸の間取り

こちらがわが家の間取りです。
キッチンを入れて、リビングが11畳。さらに洋室6畳がついています。

夫婦2人暮らしのレイアウト

夫婦2人暮らしのレイアウト

いまはこのように家具を配置しています。
夫婦揃って自宅で在宅仕事をしているので、作業デスクが2つあるんですよね…。

作業デスク

この作業デスクがあるため、「赤ちゃんが生まれたら、1LDKでは狭そう」と心配しています。

関連無印良品の『折りたたみテーブル』がシンプル部屋の味方。ダイニングテーブルにも、デスクにも、フリースペースにも。

赤ちゃんが生まれたときのレイアウト

そうはいっても、作業デスクをなくすわけにはいかないので、いまある家具を残したまま、赤ちゃんのスペースを確保してみることにしました。

出来上がった間取りがこちら。

赤ちゃんと1LDKに暮らす

ダイニングテーブルと作業デスクをキッチン側に寄せ、赤ちゃんが日中いられるスペースを作ってみました。

実際に家具も動かしてみると・・・

1LDKの赤ちゃんスペース

2畳程度の赤ちゃんスペースが確保できることがわかりました!

1LDKの赤ちゃんスペース2

いまは殺風景になり過ぎるので、額入りアートなどを置いていますが、赤ちゃんが生まれたら別の場所に移す予定です。

日中の赤ちゃんスペースは、問題なさそうですね!

赤ちゃんが寝る場所はどうするの?

さて、次なる問題は、「赤ちゃんはどこで寝るのか」です。

さすがにダブルサイズのマットレスに、3人で寝るのは厳しい…。

最初はマットレスを手放し、布団3枚に変えようかと思いましたが、布団って意外と高いのですね・・・。

そこで思いついたのが、お布団を1枚だけ買い足すことです。

1LDKに夫婦と赤ちゃんで寝る

マットレスをそのまま使い、壁側に赤ちゃん、その横に私(妻)。夫にはリビング側で寝てもらうのがいいかな、と考えています。

ゆっくり寝たいときは夫婦で場所を入れ替えてもいいですしね。

赤ちゃんスペースには、ジョイントマットを敷き、その上にお布団を敷くつもりです。

意外と赤ちゃんが寝るスペースも、1LDKの家でも確保できそうです。

ハイハイするようになったら、引越しを検討する時期かな?

なんとか今の1LDK(40平米)の家でも、夫婦2人(在宅仕事)+赤ちゃんと生活できそうなことがわかりました。

在宅仕事でなければ、もっとスペースに余裕をもてるので、ソファをリビングに持ってきて、寝室側に赤ちゃんスペースを作ることができそうです。

現在のレイアウトでひっかかるのは、仕事場と赤ちゃんのスペースが近すぎるので、日中は仕事にならない恐れが…。
こればかりは生まれてみないとわかりません。

仕事場と赤ちゃんスペースが近いことを考えると、ハイハイして動き回れるようになった頃が、「遅くとも引越しのタイミングかな?」と考えています。

それまではなるべく今の部屋で、小さく暮らしていきたいです。

[追記1] 赤ちゃん産まれました。実際のキッズスペースの様子

アフター

実際に赤ちゃんとの生活がはじまり、ジョイントマットを敷いてみました。

ジョイントマットはいつから必要?

日中はマットの上でおもちゃで遊んだり、バウンサーに乗っていることが多いです。
まだ動き回れないので、この小さなスペースでも十分そうです。

[追記2] お家を引っ越しました

賃貸契約の更新時期になったので、引っ越すことにしました。

3DKのキッズスペース

次の家は、3DKに。
新しい部屋の間取り・家具の配置はこちらの記事で紹介しています。

関連3DKの間取りはレイアウトがむずしい。悩んだ結果、こんな家具配置になりました!

スポンサーリンク

記事をシェアする

1LDK(40平米)に夫婦+赤ちゃんで暮らせるの?わが家の間取りで考えてみました

Total9share

14,982 views

スポンサーリンク
くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる