3DKの間取りはレイアウトがむずかしい。悩んだ結果、こんな家具配置になりました!

3DKの間取り

築30年の3DKマンションに引っ越しました。

引っ越す前は1LDKに住んでいたので、一気に2部屋もアップ!
平米数にすると、40m2 → 50m2になりました。

部屋が広くなったものの、家具のレイアウトは1LDKの頃よりも難しい…

悩みになやんだ結果、こんな家具配置になりました!

スポンサーリンク

そもそも、3DKの家具配置が難しい理由

普通なら、部屋が広くなったらレイアウトの自由度が上がり、レイアウトしやすくなるはずですよね?

でも、今回引っ越した家はレイアウトが難しくなってしまいました。

なぜなら・・・、『壁が少ないから』

3DKの間取り図

もともとリビング以外、和室の部屋だったので、すべての部屋がふすまで仕切られています

いってしまえばふすまを全部取れば、広いワンルームのような造りになっているのです。だから壁が極端に少ないんですよね…。

家具配置には「壁」が大切

壁が少ないと、家具の配置に困ってしまいます。

テレビも、ベッドも、作業机も、本棚も、ほとんどのものが壁に面して配置するのが一般的ですよね。

でもわが家が引っ越した3DKの部屋は壁が少ないために、レイアウトが難しくなっていたのです。

3DKでのレイアウトはこうなりました

3DKの家具配置の間取り図

一番譲れなかったことは、ベッドは必ず壁につけること
息子がまだ生後3ヶ月と小さいので、ベッドの隙間に挟まってしまうリスクをなくすために、ベッドは必ず壁につけたいと考えていました。

さらに、テレビの配線は一箇所しかないため、選択肢はなく・・・。

消去法で家具配置をしていったら、最終的にこの配置で落ち着きました。

実際に住んでみたらしっくりくるレイアウトでした

3DKの間取り・扉あけた版

住んでみたら、意外と理にかなった配置になっているなぁと実感しています。

このレイアウトなら息子が寝ているときも、リビングでテレビをみられるし(1LDK時代はみられなかった)、パソコンデスクに向かっている間もふすまをあければ、キッズスペースの様子をみることができます。

パソコン作業しているときも子供の様子がみえる

▲ パソコン作業しているときも子どもの様子がみえる

消去法で家具を配置したわりに、気がついたら生活しやすい配置になっていました。
暮らしながらさらに微調整をしていって、より快適なレイアウトを模索したいと思います。

スポンサーリンク
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(1歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
×閉じる

記事をシェアする

3DKの間取りはレイアウトがむずかしい。悩んだ結果、こんな家具配置になりました!

Total3share

22,992 views

×閉じる