40万円安くなった!わが家が実践した節約術

アーロンチェア リマスタードを使って1年。長年の腰痛は治るのか?

くらのらのアーロンチェアに関する記事はこちら→アーロンチェアの記事一覧
アーロンチェア リマスタード

こんなラフな格好ですが、すっかり姿勢がよくなりました

今年は前傾チルトの素晴らしさを感じる1年でした。

そうです、アーロンチェアです。

ちまたでは、もうありきたりの機能だとか、操作難しいとか、人間工学より姿勢の方が大事とか、やいのやいの言われていましたが、2017年にリマスタード版が出て、その辺のこともすべて吹き飛びました。

最高の腰痛軽減ワークチェア!

人間工学はダテじゃない!

5年以上悩まされてきた私の腰痛は、アーロンチェアにしてから1年でみるみる解消されました

アーロンチェア正規販売店をみる

スポンサーリンク

少し過去から話を始めましょう

私は、もともとウェブデザイナーです。

24歳から座りっぱなしの仕事をして4年(←この間に小さな腰痛もちへ)28歳で沖縄へ引っ越し、フリーの在宅ワーカーへ転身。さらに3年、座りっぱなしの仕事を続けました。

計7年の座りっぱなし生活。
(しかも独立後はケチって数千円のイスを使っていた。)

..その結果。

当然のごとく、腰痛が極限まで悪化しました。

どんなにガマンしても1時間以上は腰が痛くて座れない状態でした

どれくらい悪かったかって。

デスク作業に集中できない。
車で長時間の運転ができない。
打ち合わせ中、理由をつけて立ち上がる。
床にずっと座ってられない。
カフェ・居酒屋にゆっくりいられない。

叫ぶような痛みじゃないし、一時的なら我慢できないことはないんですが、ジンジンしだすとだめ。モゾモゾしたり、立ち上がったり。不便だらけ。

どうしたものかと病院でレントゲンを撮るも「腰、健康ですね」と診断され、原因不明の腰痛状態。デスクワーカーでまる1日座り仕事と答えたら、「じゃあまぁ座りすぎでしょうね」と言われました。

とりあえず腰痛悪化の大きな原因であろう「ワークチェア」を見直すことに。

アーロンチェア

アーロンチェアリマスタード

いろいろと調べたり、試したり、安く済む方法がないか模索したりしましたが、アーロンチェア リマスタードの座面の圧倒的な座り心地に一目ぼれ。

デザイナー諸先輩方から何度も言われた言葉、「イスには絶対、金を出し惜しむな(意味:体壊して仕事できなくなったら一瞬でイス代なんか飛ぶぞ)」という言葉を思い出し、鼻息荒く購入を決意しました。

結局、それが正解で、アーロンチェアに座っていたらみるみるうちに腰痛が解消されていきましたとさ。

めでたしめでたし。

おしまい。

..といきたいところですが、私の場合、ただ座っていたら腰痛が解消したわけではないので、もう少しだけ詳しく、アーロンチェアの使い方について書いてみます。

カスタマイズで「良い姿勢」を身体が覚えてくれる

買い換えて、すぐに腰痛が解消したわけじゃない

実はアーロンチェアに買い換えて、すぐ腰痛が解消したわけじゃないのです。

たしかに使ってすぐ腰は楽になりました。しかし、それでも半年くらいは、1時間座ると腰が痛くなって立ちあがっていました。

そのときのカスタマイズは、現在と違っていたのです。

  • 前傾チルト ON
  • 後傾チルト ON
  • リクライニングの強さ 弱
  • ポスチャーフィット 弱

これ、どういう設定かというと..

リクライニング

自宅なもので、はだしですいません

要は上の写真のような、リラックスできる姿勢が取りやすいのを重視していたのです。
(アーロンチェアにする前のワークチェアはリクライングが全然できなかったので、それが腰痛の原因だと思っていました。)

グワンと後ろに倒れるような設定ですね。これはこれで伸びをするときとかは良いのですが、デスク作業中の姿勢をサポートしていません。作業中って前傾しているのが普通ですよね。

長時間する姿勢の方をサポートしないと、腰には意味ないのか

そう気づいて、設定を変えました。

前傾サポートのカスタマイズをしたら腰痛が減ってきた

変更したカスタマイズはこんな感じ。

  • 前傾チルト ON
  • 後傾チルト OFF
  • リクライニングの強さ
  • ポスチャーフィット

前傾で背筋が伸びる設定にしました。
合わせて、強制的にリクライニングをなくしました。腰が疲れたら立てばいいのですから。

ポスチャーフィット

ポスチャーフィットは「腰部サポート」のこと。腰をグイッと押してS字の姿勢にしてくれる

アーロンチェア前傾オン

アーロンチェアで前傾チルトをオンにしている状態。前傾によって体重が分圧され、ポスチャーフィットに腰が押されて、自然と背筋がまっすぐに。

するとしばらくして、だいぶ作業中の痛みが軽減していることに気づきました。

あれ?今、2時間くらい座りっぱなし..?

腰のS字を意識した正しい姿勢が、キープできるようになってきたのです。
腰痛が悪化してから、作業のときは30分に1回は立つようにしていました。(というか、痛くて立たざるを得なかった。)

それが、気がつくまでずっと座りっぱなし。

が、学生の頃みたいな集中作業..!

ビックリでしたよ本当。
もう一生付き合っていくつもりだった腰痛が軽減しているんですもの。少し作業が詰まってきて、座りっぱなしになってしまってもわりと平気になってました。

前傾チルト・高反発・ポスチャーフィットで姿勢改善→腰痛解消

思い返してみると腰痛解消のポイントは、

  1. 前傾チルトの設定
  2. 反発の設定
  3. ポスチャーフィット設定

この3点にあったように思います。

この3つの設定が、作業中の私の姿勢を自然と正しく矯正してくれて、結果的に、座る姿勢がよくなったのだと思います。

座る姿勢の良さが、どれくらい腰に影響するか、以下の2つの写真を比べてみるとすぐ実感できると思います。

アーロンチェア前傾オン

アーロンチェアで前傾チルトをオンにしている状態

普通のイスの姿勢

昔のワークチェアは捨ててしまったので、ダイニングに合ったイームスチェアに座ってみました。一応、背筋を伸ばしています…

うわ..比べてみると姿勢の違いが一目瞭然ですね..!

イームズチェア、腰痛くなりそうー!
これでも姿勢をよくして座ってるつもりなんですよ。こんなに丸まった背中で作業してたら、そりゃ腰も痛くなるわな。

もちろん単純にイスが悪いわけではなく、イスの形が(足の短い)私に合ってないのですね。

アーロンチェアのようなカスタマイズできるチェアの重要さを感じますね

座面のペリクル(張り)も抜群だし、操作系もシンプルでおすすめ

というわけで、アーロンチェアのおかげで、この1年みるみと腰痛が緩和しました。

リマスタード版は本当にすごい!
素晴らしい快適さ!

前傾チルトやポスチャーフィットだけでなく、座面のペリクルはクラシックとは次元が違う気持ちよさだし、操作系もはるかにシンプルで使いやすいですし、全体的なスタイリングもクラシックよりまとまっていてオシャレ。

12年保証付きで、20年使っても全然いいワークチェアですから、値段の分は十二分に性能を発揮してくれます。

値段で悩んでいるなら買うべきです

(腰痛が悪化したらたぶん20年でアーロンチェア5台分くらいお金かかりますよ。)

腰痛にお悩みのデスクワーカーさんは、ぜひ検討してみてください。

アーロンチェアを購入するなら

アーロンチェア リマスタードを購入しようとしているかたは、ぜひ読んでください。

実質1万円引きで購入する

アーロンチェアはネットでもお店でも売られています。

とはいえ値段がはる道具なので、少しでも安く買えるところはないか調べてみた結果、楽天の「THE CHAIR SHOP」で購入するのが一番、安く購入できそうです。

THE CHAIR SHOP

THE CHAIR SHOPのまず良いところはハーマンミラー正規販売店というところ。
ちゃんと12年保証がついてきます。安心です。

その上で、楽天のTHE CHAIR SHOPは、送料無料で配送してくれるのがGOOD。

発送先が沖縄でも送料無料で配送してくれました。
ほかのところは送料だけで5,000円追加って言われたので、これはデカかった。

そして、これが一番大事なんですが、楽天のショップで購入すると、約10,000円分の楽天ポイントが付きます!

実質1万円オフってことです

さすがアーロンチェア。ポイントがでかい!
せっかく買うなら楽天ポイント1万円分もらったほうがいいです。ヘタすると、その1万円でデスクが買えちゃいますからね。

\実質1万円オフで買えるお店/

THE CHAIR SHOPをみる

Amazonでお探しのかたはこちら

自分はAmazonのが使い慣れてるからというかたはこちら。

関連くらのら アーロンチェアに関する記事一覧はこちら

アーロンチェア正規販売店
シェアする
閉じる