アーロンチェア リマスタードとクラシックの違いは?座り心地などをわかりやすく徹底解説します

作業デスクにアーロンチェア

▲作業デスクのワークチェアをアーロンチェア リマスタードにした

デスクワーカーになる前から、諸先輩がたに言われていた言葉たち。

「ワークチェアは良いものを買え」
「椅子には金を出し惜しむな」
「健康を取り戻すほうが高くつく」

はい、おっしゃる通りでした。

ほどほどのワークチェアで良いやと思っていたら、2年も経たないうちに腰痛持ちに…。

そんなわけで心を入れ替え、最適なワークチェアを探し回ること6ヶ月。
アーロンチェア リマスタード抜群の座り心地に一目惚れして購入を決めました。

節約家のわが家からしたら、一級品の高級イス…

それでもやっぱりお金をかけてよかった!
価格以上に素晴らしいパフォーマンスで、早々に腰痛が軽減してびっくりしています。

やはりイスって大事

このページでは、アーロンチェア リマスタードの特長・クラシックとの違いを紹介していきます。

スポンサーリンク

「リマスタード」はクラシックのアップデート版

アーロンチェア

▲アーロンチェアリマスタード(グラファイトカラー・Aサイズ)

ハーマンミラー社のアーロンチェアといえば、エルゴノミクス(人間工学)に、いちはやく目をつけたワークチェアです。

  • 座位姿勢の分圧
  • 座位時の可動域の確保
  • 腰部のサポート機能

などなど、デスクワーカーの負担を和らげる特長的なデザインが人気で、発売から20年以上たつ今でも世界中の人々から愛されています。

高級ワークチェアの象徴のような存在で、経営者やエンジニア・デザイナーなど、その手のスタイリッシュなオフィスにアーロンチェアがあるイメージが強いですね。

そのアーロンチェアのアップデート版ということで、作られたのが「アーロンチェアリマスタード」です。

アーロンチェア

アーロンチェアらしいブランドイメージはそのまま。
しかし見た目とウラハラにパフォーマンスが格段に進化しています

「リマスタード」とクラシックの違い

01座面の座り心地が抜群によくなった

まず、何が素晴らしいって、その座り心地です。

アーロンチェアリマスタードに座ると、即座に体感できるペリクル(張り地)の感覚。背面・座面と一枚に見えますが、実は座る部分ごとにテンション(硬さ)が調整されています

アーロンチェア座面

▲パッと見は一枚のメッシュ素材に見えるが、実は手前から奥と、エリアごとに8段階も”張りの強さ”を変えている。だから座り心地がとんでもなく良い。

これが素晴らしい座り心地。

思わず、「わぁ笑」と笑顔になってしまうくらい、耐圧分散されているのがひしひしと伝わってきます。

もともとアーロンチェアはメッシュ素材なので、パッと見ただけではわからないのが残念。
個人的に、ここが一番の進化なのではないかと思います。

02操作系のデザインがシンプルに

アーロンチェアといえば、カスタマイズ性が特長です。

  • 前傾姿勢サポート切り替え
  • リクライニング切り替え
  • リクライニングの強さを調整
  • ポスチャーフィット(腰部サポート)の強さ調整
  • 肘置きの高さ&角度調整

通常のワークチェアのような座面高さの調整はもちろん、座る姿勢や体型に合うよう、自分なりにイスの要所をチューニングできます。

その操作系のUIデザイン、これが今までのクラシックから、よりシンプルに扱いやすく変わっています

UIデザインが向上

▲シンプルで理解しやすいアイコン、操作手数がより少なく済むなど、スマートな使い心地がアップ

アーロンチェアクラシックのカスタムも試したのですが、比較してみると、操作性の良さを強く感じます。

  • パッと見でスッキリ
    ギミック感が減ってスマートな印象が増している
  • 少ない動作で切り替えできる
    リクライニングの切り替え・調整が特にラク
  • 操作機器が軽やかに動かせる
    クラシックよりも固くない・重くない操作感

かなりデザイン的には秀逸な作りになっています。

クラシックだと一度セットするとしばらくカスタマイズの調整をしないのも普通の感覚。

一方、リマスタードは操作がラクなのでこまめにカスタマイズ調整をしても良いかなと思えます。

身体は1、2ヶ月単位でも状態が変わりますから、アーロンチェアのもつ大いなるメリットを、継続的に使える意味でリマスタードはデザインが断然良くなっています。

この操作系進化、非常に素晴らしいです。

03カラーリングが3種類に(ミネラルがクール過ぎる)

アーロンチェアのカラーリング展開は、リマスタードになり3種類となりました。

注目すべきはミネラルです。

今までアーロンチェアにはなかった明るい色合いで、すごくクールでおしゃれです。
男性でも女性でも合いそうなバランスのよいカラーリング。欲しい。

ただミネラルはグラファイトなどと比べて値段が上がります。

だいぶグラッときたのですが、機能を求めた私はグラファイトに決めました。
(作業スペースのカラーリングと合わせたかったのもあります)

作業スペース

▲私の作業デスクが木と黒系のアイテムで統一してるので、最終的にグラファイトにした

でもミネラルが本当に素敵ですね。憧れます。

別の作業デスクだったら、ミネラルにしていたかも。

ミネラルカラーの詳細をみる

リマスタードはもともとのアーロンチェアがもつ魅力は全てある

アーロンチェア

もちろん、リマスタードなので、もともとのアーロンチェアの魅力は備わっています。既出事項もありますが、こんな感じ。

  • 前傾姿勢サポート
  • リクライニング
  • ガス圧による前傾・リクライニングの強さ調整
  • 腰部サポート(ポスチャーフィット)
  • 肘置きの高さ調整・角度調整
  • 製品12年保証(ガスシリンダーは2年)

アーロンチェアは非常に耐久性のあるイスで、保証も12年と長期的に使うことを想定した製品です。

リマスタード版はアーロンチェアの機能性が「座り心地」と「操作性」の面で、格段に、いや抜群に進化したものと考えると、シンプルで分かりやすいかもしれません。

もし「うーん、値段もはるしクラシックでいいかな」と考えているかたがいましたら、ちょっと待って!
ぜひリマスタード版も検討してくださいね。

私はリマスタード版に座った瞬間、手のひらがかえり、

絶対、リマスタードだ

となりました。

パッと見、マイナーチェンジに思えますが、それくらいワークチェアのパフォーマンスとしてレベルがあがっているように思います。

リマスタードに変えてから明らかに腰痛が軽減しました!

座っている様子

▲実際に私がアーロンチェアりマスタード(Aサイズ)に座っている様子

アーロンチェアリマスタードの座りやすさのおかげか、わたしは腰の痛みが1週間もしないうちに軽減しました。
これがとっても助かっています。

安いイスを使っているときは腰が痛くて痛くて…

長時間作業するのが辛くて仕方なかったんですよね。

やっぱりワークチェア選びは大切です。

まだちょっと腰痛は残っているので、これを機に姿勢も改善して、目指せ「腰痛なしの快適デスクワーク!」でいきます。

アーロンチェアリマスタードはわたしのように腰痛に悩まされているかた、これから腰を労りたいかたに、ぜひおすすめしたいワークチェアです。

わたしが購入したお店

楽天のTHE CHAIR SHOPは、発送先が沖縄でも送料無料で配送してくれました。ほかのところは送料だけで5,000円追加って言われたんですよね…。

しかも、THE CHAIR SHOPはハーマンミラー正規販売店でもあるので安心です。(12年保証つき)

4,000円分近くの楽天ポイントも付くので、THE CHAIR SHOPでの購入をおすすめします。

THE CHAIR SHOPの詳細をみる

Amazonでお探しのかたはこちら

スポンサーリンク

関連記事

記事をシェアする

アーロンチェア リマスタードとクラシックの違いは?座り心地などをわかりやすく徹底解説します

Total7share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ムリなく、ゆるく実践して、
少しずつ自分たちの暮らしをシンプルに。
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳)の3人暮らし。在宅ワーカーで自宅にいる時間が長いので、家で快適に過ごせるよう試行錯誤中。沖縄県在住。
プロフィール詳細
×閉じる