お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

「あとでやろう」が大変なワケ

忙しいとつい頭に浮かぶワード。

「あとでやろう」

これって本当に厄介です。

あとでやろうは、ばかやろう

こういう言葉もある通り、色々なものを後回しにした結果、かえって今やるべきことも、うまくできなかったなんてことがあります。

スポンサーリンク

「あとでやろう」が大変なワケ

なぜあとでやろうが大変なのか。
(ふつうに考えたら、あと回しにしたんだから、今がラクになるはずなのに。)

それは人の脳はあと回しができず、頭のなかのメモリをとってしまうからなのです。

ワーキングメモリを使ってしまう

私たちの頭のなかの働きは、ざっくり、こんな風に分かれています。

※便宜上カンタンな区分けをしています。

  • 記憶しておく
  • 考えて決める(メモリ)
  • 体を動かす

このなかの「考えて決める(メモリ)」のところ。

一時的に記憶をため、分析して、判断する。いわゆる私たちの理性を司るところで、「ワーキングメモリ(作業記憶)」と言います。

ここは非常にエネルギーを使う場所です。

「あとでやろう」と考えると、このワーキングメモリの容量を使ってしまいます。

「チャンク」を超えると頭が重くなる

人間の頭は一時的に覚えておける情報の数が限られています

その数のことを「チャンク」と言います。
5個から多くて9個くらい。

これが私たちが一度に扱える情報の限度と言われています。

意外と少ないんですよね。
例えば、スーパーであらかじめ決められた食料品の買いものするのも、記憶だけを頼りに買うとなると、最大で5〜9個しか買えないことになります。

同時に扱う情報数が多いほど、考えることにエネルギーが必要となります。

人はチャンクを超えた情報数を同時に考えると、思考が遅く、悪くなっていきます。ヌケモレが増えたり、やる気の減退につながります。

あとでやろうは「やろう」だけが残る

あとでやろうは「やらない」とは大きく違います。

あとでやろう
→ やろう
→ やるなら頭のなかで準備しておこう

こうなってしまうのです。

「やらない」は頭の中では忘れる対象になりますが、「あとでやろう」は私たちの頭のなかでは、あとで、が抜けて「やろう」と解釈されます。
(どうせ後でやるなら、準備しなきゃと頭が勝手にアレコレとシミュレーションをしてしまう。)

やってない状況にプチストレスが

あとでやろうと考えても頭のなかでは「やろう」と解釈される。

するとまだやってない状況に、プチストレスを感じます。

例:テレビ台の周りが汚いのであとで掃除しようと決めた。
しかし忙しくて3日経ってもやってない。
テレビ台の前を通るたびに汚れが気になってストレス。

「やる」と考えたことには、関心が集まって、頭のなかで「やろう!」と自分を刺激するので、やれない現状に小さな違和感やストレスが生まれやすくなります。

以上のことをまとめるとこれ。

「あとでやろう」が大変なワケ

  • ワーキングメモリに負担がかかる
  • 貴重なチャンクを圧迫する
  • 「あとで」が抜けて「やろう」になる
  • やれてない現状にプチストレス

つまり、あとでやるはずのものが、頭の中でグルグル思考されてしまい、今、やるべきことの邪魔をしてしまう。結果、頭がぼんやりしてしまうんですね。

なるほど、これは確かに「あとでやろうは、ばかやろう」と言われるワケですね。

「あとでやろう」の減らし方は3つ

日常、忙しくて「あとでやろう」と考えるシーンは多いかと思います。

あとでやろうを減らす方法は3つ。

あとでやろうを減らす方法

  • 今、やる
    すぐやれるものは、やってしまう。完了するので頭のなかに残らない
  • やらない
    やらなくても大きく困らないものごとは思い切って「やらない」と考えて忘れる
  • メモに書いておく
    頭に残すのではなく、スマホのカレンダーなどに通知入りでメモし、自分の頭には残さない

上の行動を習慣にすることによって、「あとでやろう」はほとんどゼロに減らせます。

叶うなら「メモに書いておく」もなるべく減らせると、やるかやらないかでバッサリ整理でき、頭のなかが非常に明快になります。

人間、ワーキングメモリが圧迫された状態が続くと、疲れてイライラしたり、反対に何もやる気が起きなくなったりします。

うまく情報を整理して、頭のなかもすっきりさせて暮らせると良いですね。

シェアする
閉じる