お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

【捨てるコツ】はちょっとずつ何度も手放すこと

わたしのインスタ(@kura_nora)を見てくれている友だちから、

「なんでそんなにモノを減らせるの?
捨てるコツ、教えてー!」

と聞かれました。

うーん・・・なんでだろう

瞬発力のないわたしは結局、その場でタメになることは言えず、帰路についたのです。

それから頭の片隅に「なんでわたしはモノを捨てられるようになったんだっけ?」と考えるようになりました。

もともとは汚部屋の住人だったのに、どうしてだっけなぁ?

で、いま現在、思いつくのは「なんども、なんども、繰り返しちょっとずつ捨てているから」に行き着きました。

スポンサーリンク

まずは「ちょっとだけ手放してみる」

家のなかにあるものは、全部が全部、「大切で捨てられない」ってものじゃないです。

まぁー、これは5年は使ってないしもういいか

壊れてて使えないから捨てるかぁ

こんな感じで手放す気になれるものがあるはず。

まずはこういうものから捨ててみるんです。

すると捨てるモードが持続しやすいです。

最初から一気に片付けようと思うと、長続きしないことが多いです

同じ場所を1週間、1ヶ月後に見直してみる

こないだ「いらないもの、ないかな?」とみた場所をもう1度見てみる。

すると、不思議なことに、

やっぱりこれもいらないかな?

と次なるいらないものが出てきたりします。

わたしは1ヶ月前は手放す勇気がなかったものが、翌月には「やっぱ捨てよう」に変わっていることがよくあります。

何度も繰り返すと「捨て体質」になる

1度持ち物を見直した場所は満足して、半年とか1年後までまた放置してしまいがちですが…

気が向いたときに何度も見直してみる。

そうすると、徐々にモノが減っていきますよ。

次第に捨てることに免疫がついて、「捨て体質」にもなります

「捨てても平気」から手放しみてください

ガツンと無理して一気に捨てるのではなく、「捨てても平気なもの」だけをまずは手放してくださいね。

捨てるステップ

  1. 「捨てても平気なもの」だけをまずは手放す
  2. 1週間後に(または1ヶ月後に)いらないものがないか同じ場所を見直す
  3. それを繰り返す
  4. 徐々にモノが減り、お気に入りだけが残る

わたしはこの方法で3年くらいかけて、スッキリさせてきました

ダイエットと一緒で一気に身軽にするとリバウンドするので、コツコツが一番効果的な気がしています。

シェアする
閉じる