お知らせ家づくりの体験談をnoteにまとめました

キックバイクはストライダーではなく、Dバイクに決めた!

キックバイクはDバイクに決めた

息子が2歳になり、キックバイクを買うことにしました。

キックバイクの定番といえば、ストライダー

わたしもストライダーが有力候補でしたが、調べていると気になる点が…

  • ブレーキがついてない
  • 自立スタンドなし(立てかけないといけない)

とくにブレーキがついていないのがひっかかりました。

足でブレーキするのに慣れてしまうと、自転車に乗ったときもとっさに足でブレーキしてしまいがちとかなんとか…

それで、結局悩みに悩んで、D-Bike(ディーバイク)に決めました。

スポンサーリンク

Dバイクはバランスよく何でも揃ってる!

D-Bike KIX AL

これが息子に購入した、D-Bike(KIX AL)

わたしの希望であるブレーキ付きで、2歳児の弱い握力でもしっかりブレーキを握れるようになっています。

2歳でも握れるブレーキ

止まるときはブレーキね!

うん

とはいえ、まだ上手くブレーキは使いこなせていませんが。
まだスピードもさほどでていないから、ブレーキを使えるようになるのはもう少し先かな?

家の前が少し坂になっていることも考えると、やっぱりブレーキ付きが安心ですね。

自立スタンドもあった方がいい!

Dバイクは自立スタンド(ストッパー付き)

Dバイクには、自立スタンド(ストッパー)も付いています。

おかげでどこでも停められる!

公園で子どもが乗り飽きても好きな場所に置いておけるので、やっぱりスタンド付きにして正解でした。

最後の決め手は足置き場

Dバイクの足置き板(フットデッキ)

地味に気に入っているのが、Dバイクの足置き場(フットデッキ)。

乗りこなすようになったら、両足をこの板にのせて乗ることもできるんです。

より自転車っぽく乗れて楽しそう!

最後はこの板が決め手になりました。

買う前は「乗るのに板が邪魔じゃないかな?」と心配でしたが、とくに気になりません。

足置き場が邪魔することもない

運転するのに足置き場が邪魔することもないです

気にする必要なかったみたいです。

キックバイクはDバイクにして良かった

作りもしっかりしている、Dバイク。

1歳の誕生日プレゼントにD-Bike(ディーバイク)

1歳から家で乗っているこのミニバイクも、実は同じDバイクなんですよね。

Dバイクは安全性にもこだわっているので、安心して子どもを乗せられます

Dバイクは公園遊びがもっと楽しくなる

キックバイクを買ったことで、公園遊びがもっと楽しくなりました

バイクまた乗るー!

バイクの色も6種類から選べますよ。

シェアする
閉じる