お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

【いい外食、余計な外食】またムダ使いしてしまった…

わたしの考えるいい外食は、「●●を食べに行こう!」と行って、満足して帰ってくる外食。

つまり、コレが食べたいと目的が決まっている外食なのかも。

でも、先日、久しぶりに「これは失敗したなぁ…」という外食をしてしまいました。

スポンサーリンク

余計な外食をした話

それは週末でのこと。

今日、ずっと家にいたし、西松屋行った後にでも外食しない?

いいけど、どこに?

うーん…

そういえば某ファミレスでいま、ミックスグリルが500円らしいよー

じゃあそこにしよう

なんとなく、値段に惹かれて夜のファミレスへ…。

しかし、メニューを見てみても、どこにもミックスグリル500円の文字がない!

あっれ?おかしいなぁー
こないだ通りがかりにみたんだけどなぁ

…はっ!
ひょっとしてディナータイムだから?

そっか!
ファミレスって夜になると値段が上がるのか!

で、結局、それぞれミックスグリルではなく、好きなメニューを注文して帰ってきました。

ハンバーブ〜!

まめ太はお子様ランチを食べて満足そう。

ただ、わたしたち大人は・・・

やっぱり値段に惹かれていくと失敗するね

今回は余計な外食だったね

ファミレスのメニューがおいしくなかったとかそういう話ではなく、お金の使い方に不満が残る外食となったのです。

「セールにつられて買ったら、後悔。」と似ている気がします。

いい外食にするための3つ

今回、本当にミックスグリルを食べたかったなら、きっと二人とも定価でも注文していたと思うんですよね。

ただ今回はそれがなかった。

それに同じ値段で外食をするなら、また違ったお店の選択肢も出ていたと思うんです。

  1. ココに行きたい(場所)
  2. ダレと行きたい(一緒に行く人)
  3. アレ食べたい(食べ物)

外食するならこの3つのうち、1つでも当てはまらないと満足度って低いのかもなぁ、なんて思った外食でした。

シェアする
閉じる