おすすめ家電アレクサがわが家にやってきた

住宅ローンのピンチ。フラット35が使えない…

この記事は連載です。今までの話をまだお読みでない方は「海がみえる小さな家#1」よりお読みください。

住宅ローンの定番といえば、フラット35ですよね。

低金利のネットバンクは審査が厳しいと聞いていたので、自営業のわが家はフラット35が有力候補でした。

フラット35は審査がゆるいと聞いていたので

しかし、まさかまさかのフラット35が使えないことが判明…

スポンサーリンク

そもそもフラット35とは?

フラット35がどういうものか簡単に説明すると。

最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。

ネットバンクの住宅ローンでは、“全期間固定”の住宅ローンはほとんどありません。

そんななか、フラット35は「低い金利で固定金利を組め、さらに全期間そのままの金利でOK!」という優れた住宅ローンなんです。

うちは固定金利派だからより一層、フラット35が魅力的でした

わが家がフラット35で住宅ローンを組めなかった理由

どうしてわが家がフラット35でローンを組めなかったかというと。

審査に落ちたわけではありません。

それ以前の問題だったんです…

フラット35には住宅条件がある

わが家が引っかかったのはここ。

フラット35には平米数による住宅条件があったんです!

一戸建て住宅等マンション
住宅の規模70m²以上30m²以上

な、ななじゅうへいべい!?

わが家は60m²以下…

フラット35の条件である70m²には届いていません。

「小さな家」の落とし穴がこんなところにあったなんて…

小さな家は条件に注意

ちなみに、すまい給付金住宅ローン減税制度ともに、床面積が50m²以上であることが条件になっています。

これから小さな家を建てるかたはご注意ください。

小さな家に意外と厳しい

これから小さな家は主流になっていくと思っているので、改定してくれるのでは?なんて期待しています。

とはいえ、わが家がローンを組むまでには間に合わないだろうけど泣

フラット35には平米数のほかにも住宅条件がありますので、一度確認しておくことをおすすめします。
【フラット35】 新築住宅の技術基準の概要

ネット銀行・地銀で住宅ローンを検討します

フラット35がダメとわかり、一気に先行きが不安です。

ひとまず低金利で人気のネットバンク、普段から利用している地銀に仮審査出してみることにしました。

ただ仮審査って入力項目多くて15分以上かかって大変なんですよね…
(こないだイオン銀行に仮審査出して挫けた)

ネットで住宅ローンについて調べていたら、一括で仮審査に出せる住宅本舗を見つけたので、これで一括審査をお願いしてみることにしました。

金融機関の80個のうちから比較できるっていうので、うちでも借りられるところが見つかりますように・・・!

80金融から一括仮審査が出せる
住宅本舗をみる

関連海がみえる小さな家の記事一覧をみる
記事を検索
シェアする