お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

シンプルライフとミニマルライフの違い

壁の色

シンプルライフとミニマルライフって混同されがちですが、違います。

言葉が違うので、なにかしら差があるんだろうとは予測がつきますが、「説明して」といわれると難しいですよね。

スポンサーリンク

シンプルライフとミニマルライフの違い

シンプルライフとミニマルライフの違い

  • シンプルライフ・・・必要最低限の暮らし
  • ミニマルライフ・・・最小限の暮らし

・・・言われてみてもわかりにくいですね。

シンプルライフ|必要最低限の暮らし

適材適所にモノをなるべく少なく持つ暮らし。
モノはもつけどストレスなく快適なことが前提。
理想は自分が必要と思うモノだけある状態。

ミニマルライフ|最小限の暮らし

自分の生活が成り立つギリギリしか持たない
外で調達できるものは家に置かない。
理想はなにもない状態。それが最高に心地いいと思える。

こんな感じで捉えると、理解しやすいですね。

ミニマルライフが潔いけど大変そうなのに対して、シンプルライフはちょっと理想に寄りすぎていて都合がよい感じ?

そんな風に思いました。

ゆるいミニマルライフくらい

そんなわが家は自称「ゆるミニマリスト」。

少なく持つほうが心地よいですが、ほんとうはシンプルライフの理想的な快適さにも憧れる。まぁどっちつかずといえばそうなのですが、ちょっとゆるめに少ない暮らしを楽しんでいます。これくらいがちょうどいい。

「あんまり徹底するのもなんか違う気がするし」なんて感じで、多くのかたもそうなんじゃないかな、と思います。

わが家にとってライフスタイルってゆるく実践できるくらいが、もっともちょうどいいのです。

シェアする
閉じる