お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

フローリングは無垢の杉に決めた!

この記事は連載です。今までの話をまだお読みでない方は「海がみえる小さな家#1」よりお読みください。

フローリングは「無垢がいいなぁ」とだけ、なんとなく思っていました。

これまで住んだ賃貸では複合フローリング。
白くてキレイな床もやたらピカピカしていて、なんとなく人口っぽいのが微妙でした。

せっかく、家を立てるのだから無垢!

とりあえず無垢の床を熱望しました。

スポンサーリンク

いままで候補にあがった無垢フローリング

最初はこんな感じのをイメージしていました。

  • 少し茶が濃いめ
  • 自然な感じ
  • あたたかみのある雰囲気

木の種類などはわからなかったのですが、イメージを建築士さんに伝えたところ「オーク」や「チーク」が近しい模様。

じゃそれで

ただ建築士さんからは「」を勧められました。

んー、まぁこれでもいいかな

ちょっと床の色のイメージが違うかな、と思いましたが、これも好きな感じ。

とはいえ、まずは希望している雰囲気が良かったので「チーク材」を希望しておきました。

コスト削減されそうになり考えた「無垢の良さってなんだろう?」

ところがどっこい、設計が進むとマイホーム予算が500万円もオーバーしていることが判明!

住宅コストを削る作業が始まり、当然、「床材」にもその話が及びます。

建築士さんからは削減費用の大小で、いろいろなアイデア提案がありました。

  • 床をなくす(モルタル床)
    床材分まるごと費用削減になる。素足生活はすすめない。土足・スリッパ生活がおすすめ
  • コルク床
    コルクボードを貼り付ける。コルクボードが安いが風合いが嫌いかも。(←嫌いでした…)
  • 床材を変える
    チーク材は高級床材なので杉材にするか、もしくは無垢材をやめる。

ん?

チーク材は高級床材!?

なんと何も考えずに選んでいたチーク材が高級な部類の床材でした。
費用を抑えめにとかいっておいて、ふんだんに贅沢していたのです。

だから杉材をおすすめされたんだ!

というか、費用をかけないなら無垢材を選んだらダメでした。

でも無垢材がいいような…。
っていうか、無垢材って何がいいんだっけ?

無垢のよさとは?

あらためて無垢材って何がいいんだっけ?
調べ直して、わが家にとって魅力な部分を見つめ直しました。

無垢材のよさとは
素足でも気持ちいい足触りの良さ
床張りの見た目
木そのままの自然な風合い

けっこう見た目重視だったことが判明。
でも床はりの見た目は複合フローリングでも再現できますが、他2つはやっぱり無垢。

わたしは足触りの良さがやっぱり欲しい。
そして自然な風合いに関しては、夫が見た目に非常に厳しく、木の風合いのリアルなプリントを拒否。

木目のパターンとか印刷のドットで人工だとわかるから嫌

印刷のドットがわかるらしい。

ならばやっぱり、わが家は無垢材を選びたいんだな、と気がつきました。

ちなみに建築士さんによくよく話を聞いてみると、わが家の要望にはなんだかんだ「杉材」の方が適しているとのこと。

杉材は柔らかく傷がすぐつくのが難点だが、国内にたくさんあるので無垢の中では安く済む
チーク材は木目も美しく丈夫だが、足触りの良さは柔らかい杉材の方が快適
色合いは好みだが、小さな家を広く見せるなら杉材の明るめの色の方が開放的に見えるので向いている。→狭い家を広く見せるテクニックの記事

だ、だから杉材をおすすめされたんだ!

フローリングは無垢の杉に決めた

結局、コスト削減も踏まえてわたしたちが選んだのは、このような床。

  • 床材を無垢の杉材(塗装なし)にする
  • 家が建ったあと、自分たちで蜜蝋ワックスがけ
  • リビング、寝室・作業室は杉床。廊下はモルタル

ハイブリッド方式で、無垢床も実現しつつコストを下げました

17坪の平屋間取り

コスト削減後の床は杉無垢材に。廊下はモルタルにして床材の面積を削減。

理由としてはこちら。

  • 杉は無垢材のなかでは安い
  • 子どもが傷つけてもイライラしないですみそう
  • 自分たちで蜜蝋を塗って愛着もアップ

きっと無理してチーク材にしていたら、子どもが床を傷つけるたびに怒っていたことでしょう。

杉床は近くの児童支援センターで使われていて、たしかにすごい傷だらけなんですが、それを踏まえても愛着を感じるあたたかみがあったので、「いいな」と思えました。

傷だらけになった床は子どもが巣立ったあとに張り替えよう、なんて話をしています


関連海がみえる小さな家の記事一覧をみる

シェアする
閉じる