同じところで買う方が節約的にはメリットが多い

買いものを同じところで

いつも行くお店ってありますか?

節約しようとすると、食料品など10円でも20円でも安く買いものしようと思いますが、そのためだけにアチコチのお店に行くのは、かえって節約になりません。

スーパー、お惣菜屋さん、クリーニング屋さん、美容院など、普段行くお店は、同じところで買う方が節約効果が高いですよ。

関連スーパーのはしごはしない。「わずかな節約」より「時間の節約」をしよう

スポンサーリンク

同じところで買うことのメリット

特に大きな理由がないのなら、同じところで買い物をする方がメリットが多いです。

01ポイントが貯まりやすい

さまざまなお店で、「ポイントカード」のサービスをやっています。
ポイントカードって、言われるとその場で作りますけど、結局、うやむやになったまま使いこなせないことも多いです。

同じお店で買い物をするようになると、当然、ポイントが貯まりやすくなり、うまく使いこなせます。

  • 大型スーパー
  • コンビニ
  • 美容院

などは、同じところにすることによって、効果的にポイントの恩恵を受けられます。

クレジットカードをまとめて楽天ポイントに集約
わが家は夫婦ともにクレジットカードを「楽天カードにまとめています。買いものをすると楽天ポイントが付きます。通販もなるべく楽天。すると年1万円分くらいポイントが貯まります。

02時間の節約になる

買いものする際、毎度、違うお店に行き、「あれってどこだろ?」とやっていると、なんとなく10分、20分経ってしまいます。お店をハシゴするなら移動時間もかかり、なんだかんだで1時間くらいムダにすることも。

同じところで買うようにすると、お店の商品や、陳列レイアウトを覚えるので、自然と買いものも効率的になります。

大体の場所がわかっていれば、食料品などは15分くらいでササッと買えますし、日常の買いものが早く済むと、他のことに時間が使えて有意義です。

買いものの時間をはかってみる
例えば自分が食料品を買うのに、どれくらい時間がかかるか分かりますか?買いもの時間を把握していると、「最近、忙しくて時間がないな」というときなどに時間調整して余暇を捻出しやすくなります。(買いものを急ぐ必要はありませんよ)

03頭の中がスッキリする

「あっちの方が〇〇円、安いな」
「あ、ここで買わずに別のところのが安いかも」
「しまった、あっちで買えば良かった」

..などなど、アレコレ考えて頭の中がゴチャゴチャ。

節約のために気分のよくない時間を過ごし、ストレスを溜めるのはナンセンスです。
ストレスが溜まると、人は「ストレス解消」のためにお茶をしたり、買いものしたり、お金を使いたくなるからです。

同じところで買いものをすることで、こういったゴチャゴチャは劇的に減ります

頭の中はスッキリさせておく方が節約には効果的です。

04財布の中身がシンプルに

同じところで買っていれば、必然的にポイントカードも少なくて済みます
ついつい気がつくと、お財布の中身がポイントカードだらけ..なんてことからも卒業できます。

財布の中身がシンプルになると、お金の流れを把握できるようになり、節約にも効果的です。

「もうきっとここのお店のポイントは貯まらない」と思ったら、あえてポイントカードは捨ててしまうのも手です。

部屋と同じで、財布もすっきりしていると気持ちがいいですよ。

関連アブラサスの小さい財布。手ぶら外出は想像以上に快適

節約の仕組みをつくる方がおトク

「節約」と思うと、つい目の前の10円をどうするかに目がいきがちですが、それは後回しでも構いません。

自分にムリがなく、特に頑張って意識しないでもお金が節約されるように、「節約の仕組み」を作っていくことが、本当に節約をしたいときには有効です。

そういう意味では「同じ店で買う」は、おすすめ。
ルーティンになれば、自然と節約的な行動がとれるようになりますよ。

スポンサーリンク
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(1歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
×閉じる

記事をシェアする

同じところで買う方が節約的にはメリットが多い

Total2share

×閉じる