【実家の片付け3】母の洋服を100着処分。ブランディアの宅配買取でスッキリさせました

モノに溢れた実家をキレイにすべく、ただいま帰省中です。

というのも、父が体調をくずして入院してしまい…。
これから自宅で療養生活を過ごすためにも、2階の父の部屋と1階の母の部屋をチェンジさせなければいけなくなってしまいました。

モノが多い部屋を移動させるって大変!

モノを減らさない限りは、一向に部屋の移動ができない。

まずは母の洋服から処分することに。

やってみてわかったのですが、長年ため込んだ洋服たちを片付けるのって根気がいりますね!

スポンサーリンク

母のいらない洋服は、100着越え!

まずは母の部屋にある洋服から見直し。

洋服を全部リビングへ持って行き、母に1着ずつ聞いていきました。

これは着てるの?

モノを捨てることになれていない母は、

「着てないけど、これは高かったからダメよ」

「これは新婚旅行で〜(思い出話スタート)」

なかなか手放せません。

以前、「モノが捨てられない人の言い訳」という記事を書いたのですが、まさにそのセリフをなんども繰り返していました。

捨てていくうちに捨てられるようになっていく

しかし最初こそ躊躇していた母ですが、片付けを進めていくと、捨てられる気持ちになっていくようです。

「もう着てないからねー。捨てようかな」

「これ気に入ってたんだけどねー。もういいかな」

こんな感じて、決断も早くなってきました。

洋服を「着る・捨てる・買取り」に分ける

母に「着る・着ない」の判断をしてもらったあとは、わたしの出番。

これからも着るものは収納ケース
シミや汚れがあるものはゴミ袋
ほかのかたに着てもらいたいものは、買取り

3つに分類していきました。

ブランディアの宅配買取で洋服を処分

息子も一緒にお手伝い(笑)

いらない洋服はブランディアの宅配買取へ

実家の洋服をブランディアの宅配買取へ

ブランディアは箱につめるだけで買取してくれて便利

ほかのかたがまだ着られそうな洋服は、 ブランディア の宅配買取にお願いしました。

ダンボールにして2箱分!

こういう大量に処分したいときも、宅配買取は自宅まで取りに来てくれるので本当にラクです

査定結果は・・・

母の洋服の買取金額

2,150円。そして..。

買取数、104点!!!

どんだけ洋服あったんだ!
(捨てたのもゴミ袋2つ分あったのに・・・)

洋服の枚数に対して買取金額は安いですが、長年、クローゼットのなかに眠っていたものがほとんどなので仕方ないですね。

肩パッドが入っているような、時代を感じるものもたくさんありました(笑)

40代以降は「バイセル」に洋服買取をお願いするのがいいかも
ブランディアは若者向けのサービスだったので、いまどきの流行りのデザインじゃないと値段がつきにくいのかもですね。
40代以降をターゲットにしている洋服買取専門「バイセル」があったのでこっちにすればよかった…
バイセルなら「古めのデザイン」「着用感がある」「日焼けしている」アイテムも買取してくれるので、値段がつきやすいと思います。

査定金額よりもスッキリできたことを喜ぶ

査定金額を聞いたら、「やっぱりやめようかな」と母が言い出しそうな気がしたので。

値段よりも、スッキリさせるのが目的だよ

家にあっても使わないんじゃ0円。むしろ場所とってマイナスだからね

とあらかじめフォロー。

そうすると母もスッキリできたことを喜んでくれて、無事、買取してもらえました。

やっぱりモノを手放すと、スッキリして気持ちがいいんですよね。

とはいえ、まだまだ洋服が多い状況なので引き続き、断捨離を進めていきます!

わたしの実家のように眠っている洋服がたくさんある方は、ぜひ「着る・捨てる・買取り」に分けて、少しずつ手放してみてくださいね。

ブランディアの詳細はこちら

スポンサーリンク

記事をシェアする

【実家の片付け3】母の洋服を100着処分。ブランディアの宅配買取でスッキリさせました

Total3share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる