お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

1歳の積み木は「キリコロ」がおすすめ。軽い・痛くない・なめられる!

息子の1歳の誕生日に、義理からD-Bike(ディーバイク)を買ってもらいました。

でも実は、もう1つ買ってもらったものがあって。

キリコロ

それがこの積み木。

キリコロ」という名前で、わたしがこれまで出会った積み木のなかでもダントツにいい

買ってから知りましたが、Woodypuddy(ウッディプッディ)という有名なところの積み木みたいです。

子育て支援センターにある積み木たちよりも、はるかによかった!

「これから赤ちゃんに初めての積み木を買ってあげたい」というかたにぜひおすすめしたいので、これだけ絶賛している理由を紹介していきますね。

スポンサーリンク

わたし史上No1積み木「キリコロ」。4つのおすすめポイント

キリコロの特長をあげるとするならば、この4つです。

  • とんでもなく軽い
  • 当たっても痛くない。床も傷つかない
  • 肌さわりなめらか。なめても安心
  • 子どもでも片付けがしやすい

1つずつ紹介していきます。

おすすめその1 とんでもなく軽い

紙おむつよりも軽い積み木

紙おむつよりも5g軽いらしい

写真では伝わらないのが残念ですが、とっても軽いんです!

これはの木材を使っているからなんですよね。

わたしも先日、おままごとキッチンを手作りしましたが、そのときも軽い木材として選んだのが桐でした。

おすすめその2 当たっても痛くない。床も傷つかない

当たっても痛くない

よく積み木にアタックしてくるけど痛がりません

桐は軽いだけでなく、やわらかい木材です。

キリコロはさらに安心して遊べるように、角っこもすべて丸く加工済み。

ちょっと当たったくらいでは痛くなく、安心して遊ばせることができますよ

キリコロを買ってもらう前は、ホームセンターで売っていた木材をいくつか買ってそれを積み木代わりに遊ばせていましたが、危険度が全然違います。

ホームセンターの木は、寝っ転がっているところに投げられたら凶器だったので…

キリコロで遊ぶ

積み木をよくそこらへんに投げる

その点、キリコロはフローリングに投げつけられても、傷がつきにくいです。

おすすめその3 肌さわりなめらか。なめても安心

なめて遊ぶ積み木

キリコロは塗料などが塗られておらず、木そのままです。

だからなめてもまったく心配なし

誤飲しないように、ちゃんと大きめに作られているのも、これまた安心ポイントですね。

それと、なめても乾きやすいんですよねー。
木が吸収してくれるみたいです

おすすめその4 子どもでも片付けがしやすい

わたしが地味に推したいポイントは、この片付けのしやすさです。

積み木を片付ける

木箱に入っていて、キレイに収納しないといけないように見えますが、実は片付けがとても簡単なんです!

収納しやすい積み木

横に寝かせても・・・

片付けしやすい積み木

立てても・・・

収納できるんです!

キリコロ

結構テキトウに木箱にしまっていっても、簡単に収納されていくんですよね。

つまり、なにが言いたいかというと、子どもがお片づけを学ぶのにちょうどいいレベルだな、ということです!

まだ1歳になったばかりの息子は片付けられませんが、もう少し大きくなったら、一緒に片付けられるようになれたらなぁと思っています。

はじめてのつみき キリコロ

キリコロの遊びかた

ここからはキリコロでできる遊びかたを紹介していきます。

積み木って意外といろんな遊びかたができるんです!

積み上げる&くずす

積み木の定番遊び

積み木といえば、ですよね。

積み木をくずす

うちの子はまだ積み上げられず、くずし専門です。

ごっこ遊び

動物の絵柄が書いてあるので、ごっこ遊びができます。

カエルになる

カエルも作れますよ

目につかっている積み木は、タイヤにもなって自動車もつくれちゃいます。

ほかには電車やぞうさんなども作れるので、作り方はこちらのページで確認ください。

音を鳴らす

紙おむつよりも軽い積み木

じつは積み木によって、ふるとコロコロと音がなるものもあるんです。

しかも、音がちがう!

まだ小さい赤ちゃんはこの音を聞かせてあげるだけでも喜ぶかもしれません。

街をつくる

積み木で街をつくる

最近のわが家のマイブームは、街をつくることです。

動物の街をつくって遊ぶ

動物のおもちゃが別にあったので混ぜ合わせ、動物の街を作っています。

これは完全に大人が楽しんでいるやつですね(笑)

夫がとくに楽しんでいて、「息子の積み木で現実的な街を作った」というブログまで書いていました。

絵柄クイズ

積み木で絵柄クイズ

こちらはわが家もまだ未体験ゾーンですが、どうぶつの絵柄を隠して神経衰弱のように楽しむことができます。

子どもの記憶力も鍛えられそうだし、楽しそうですね!

うちの子もはやくできるようにならないかなぁ

キリコロの少し残念なところ

ここまで絶賛してきた積み木ですが、ちょっと残念ポイントも実はあるんですよね…

個人的に、2つあって。

1、値段が高い…

積み木にしては、キリコロは値段が高いんです。

6,000円近くします

天然無垢の積み木ってことを考えると仕方ないですが・・・
1歳の誕生日プレゼントとか、そういう記念日でないとなかなか出せない値段ですよね。

でもその分、毎日遊んでくれるものなので、こだわっていいものを買っておくっていう考え方もできますね。

2、やわらかいがゆえ、傷がつく

紙おむつよりも軽い積み木

やわらかいので木に傷がつきやすい

メリットあればデメリットもありって感じですが。

やわらかい桐だからこそ、積み木にも傷ができやすいです。

うちはあまり気にしないたちですが、気になる方もいるかなと思って一応書いておきました。

うちはそれよりも、軽くてやわらかい積み木を選んだメリットの方を魅力に感じています

積み木に「名前入れ」もできます

「せっかくだから名前をいれてあげたい」というかたは、Woodypuddy(ウッディプッディ)の公式ページで対応しています。

パンダの絵柄の積み木に、ひらがなで入れてくれるみたいですよ。

プレゼント感が増しますね

キリコロは「はじめての積み木」で間違いなし

まさか自分が積み木について、これだけの長文で語る日が来るなんて・・・

それほど優れたおもちゃってことです!

キリコロは、はじめての積み木にピッタリ。
これは間違いないです。

出産祝いや1歳の誕生日プレゼントにぜひプレゼントしてみてくださいね。

はじめてのつみき キリコロ
シェアする
閉じる